スイスの難民申請者保護施設で800件以上の犯罪が発生

難民申請施設での犯罪は昨年、800件超に上った Keystone

スイス連邦統計局によると昨年、国内の難民申請者保護施設で813件の犯罪が発生したことが分かった。性犯罪が前年に比べ6割増加したという。

SDA-ATS/ac

件数全体では「アラブの春」を受けて中東からの難民が増えた2012年の1413件に比べると大幅に減少したが、いずれも600件以下だった14、15年に比べて数の増加が目立った。

性的暴行が前年比13件増の33件。このうち8件は強姦(ごうかん)で、6件は子供への暴行だった。

殺人は1件、殺人未遂は3件、傷害は計80件だった。このほか窃盗が70件、器物損壊が61件だった。

ただ、スイス全体の犯罪発生件数に占める割合は0.2%(16年時点)と極めて小さい。統計には26州のうち、二つの州の数値が含まれていない。

スイスでは昨年、1万8088人が難民申請した。前年比33.5%の減少で、2010年以降最も少なかった。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する