ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

東日本大震災と福島第一原発事故から5年 フクシマ、その後

スイス人写真家、ドミニック・ナール(Dominic Nahr)さんは東日本大震災と福島第一原発事故の現実を「現場」に近く、彼の対象に対する距離感で撮影する。風の音や波の音、人の泣き声などが聞こえるような気がする。スイスインフォは、ナールさんが5年の間に撮影したさまざまな「現場」をギャラリーにした。