Navigation

火山噴火のコンゴ義援金募金に120万スイスフラン

川を覆った溶岩の上を歩く住民達、1月24日ゴマ。 Keystone

今月17日コンゴ民主共和国の東部にあるニーラゴンゴ火山が大噴火し、地元ゴマの町は溶岩流で大きな被害を受けた。スイス政府が呼び掛けた義援金募金に120万スイスフランが寄せられ、赤十字国際委員会などの被災地域での支援活動に送られることになった。

このコンテンツは 2002/01/28 10:25

ハンスヨルグ・アムビュール・スイス開発局アフリカ部長によると、120万スイスフランの大半は赤十字国際委員会(ICRC本部ジュネーブ)の飲料水供給活動に送られるが、世界食料計画(WFP)、国連にも送られる。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。