Navigation

瑞独航空交渉決着へ

チューリッヒ・クローテン空港から離陸するスイス航空機 Keystone Archive

チューリッヒ・クローテン空港発着便の騒音公害をめぐるスイスとドイツの長い交渉が、一先ず終了した。スイス民間航空局長と駐スイス独大使は18日、両国の運輸相が4月にまとめた減便合意に署名した。

このコンテンツは 2001/10/19 10:23

チューリッヒ空港はドイツ国境から20kmもない所にあり、着陸便のほとんどがドイツ南部領空を低空飛行する。住民の騒音被害を理由にドイツがスイスに減便を要請、度重なる交渉が行き詰まったとみるや、独側が6月1日以降ドイツ領空を飛行したスイス人パイロットには罰金を科すとの見解を報道機関に流布するなど、今年初めフライトをめぐる両国関係は緊張していた。が、4月に行われた両国の運輸相会談で、スイスのモーリッツ・ロイエンベルガー運輸エネルギー環境相とクルト・ボデウィグ独交通相は、22時から翌朝6時までの夜間フライト禁止、週末の減便などの基本合意に達した。

18日、アンドレ・オイアー・スイス連邦民間航空局長とラインハルト・ヒグラー独大使は、合意協定に署名した。協定は両国の連邦議会で批准されてから施行されるが、議会内では減便に反対する勢力が強く批准の見通しは暗い。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。