Navigation

米歌手のメラニー・ソーントンさん、クロス航空墜落で死亡

メラニー・ソーントン Melanie Thornton singt den Coca Cola-Werbeslogan für Weihnachten.

24日夜チューリッヒ近郊に墜落したベルリン発チューリッヒ行のクロス航空3597便に米国の歌手メラニー・ソーントンさん(34)が搭乗しており、死亡した。ソーントンさんはコカ・コーラのCMソングに起用された新曲の欧州プロモーション・ツァー中だった。

このコンテンツは 2001/11/26 06:55

メラニー・ソーントンさんは67年米サウスカロライナ生まれ。92年に所持金わずか15ドルでドイツにわたり、レーン・マックレーと組んだデュオ「ラ・ブーシュ」でデビュー、「Sweet Dreams」「Fallin In Love」「Be My Lover」など世界でミリオンヒットを記録し、15ヶ国でゴールドやプラチナ・アワードを受賞した。昨年2月からはソロになり、新曲「Wonderful Dream(Holidays Are Coming)」は米コカ・コーラのCMソングに起用されていた。

クロス航空3597便の犠牲者には、3人の医大教授、閣僚ら著明なイスラエル人が含まれていた。ヤーコフ・マツネル・ヘブライ大学医学部長とテルアビブのイチロフ病院のアミラム・エルドール教授は、ベルリンで開催された学会の帰りで同便に乗っており、また、テルアビブ経済開発当局のアビシャイ・ベルクマン氏も同便に乗り合わせていた。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。