Navigation

郵便サービス、ニュー・テクノロジーの挑戦にも勝利

一部の人々は、ファックスの発明以来、伝統的な郵便業務の消滅を予言した。が、スイス郵便局の統計の中間発表によれば、Eメイルや携帯電話からの挑戦にも負けず、手紙がコミュニケーションの手段として不動の地位を続けている事を証明した。

このコンテンツは 2000/02/05 16:54

一部の人々は、ファックスの発明以来、伝統的な郵便業務の消滅を予言した。が、スイス郵便局の統計の中間発表によれば、Eメイルや携帯電話からの挑戦にも負けず、手紙がコミュニケーションの手段として不動の地位を続けている事を証明した。

1998年一年間で、郵便局は約3億通の手紙(封書)を配達、1997年よりも3%増えた結果となった。1999年度の統計最終結果はまだ出ていないが、増加傾向が続いていると見られる。

スイス最大の電話会社、スイスコムは携帯電話からの通話は2500万通話を記録、1998年の400万通話からくらべれば、天文学的数字の増加となった。また、1998年のインターネット接続は350、000だったが、1999年末には700、000と倍増した。

郵便局では、郵便業務は、近い将来はEメイルや携帯に対抗していけると確信しているが、長期的には新しいコミュニケーション技術の挑戦を受け、停滞を余儀無くされると予測している。

しかし、我々のほとんどは今でも新聞を読み、ラジオを聴いているという事実を覚えておくのも大切だ。紙のない時代は、そう簡単には到来しそうにもない。

このストーリーで紹介した記事

JTI基準に準拠

JTI基準に準拠

おすすめの記事: SWI swissinfo.ch ジャーナリズム・トラスト・イニシアチブの認証授受

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

パスワードを変更する

プロフィールを削除してもいいですか?