ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

電気自動車のF1 2019~20シーズンのフォーミュラE、スイス国内で開催なし

電気自動車

スイス・ベルンで今月22日、フォーミュラEのレースが開催される

(© Keystone / Anthony Anex)

電気自動車の最高峰レース「フォーミュラE・e-Prix」の2019~20シーズンが発表された。国内では今のところ2018~19シーズンのレースがベルンで予定されているが、来季の開催地にスイスの名前はない。

19~20シーズンは12都市14レース。11月のサウジアラビア・ディルイーヤで開幕、2020年7月にロンドンで最終戦が行われる。

2018~19シーズンのレース第11戦ベルンe-Prixは今月22日に開かれる。12月14日に来季第3戦が国内で開催されるとの憶測も飛ぶが、まだ決まっていない。

今シーズンはメルセデス・ベンツとポルシェが22~24台のマシンをひっさげ新規参入した。

スイスでは2018年、チューリヒでフォーミュラEが開催され、10万人以上の観客が集まった。スイスでは1955年6月11日、隣国フランスのル・マン24時間レースで2台のマシンが衝突、部品が観客席に落下して爆発し84人が死亡した事故を受け、国内でのモーターレースを禁止。実に64年ぶりのカーレースとなった。

電気自動車の最高峰レース 電気自動車の「F1」 フォーミュラE、チューリヒで10日に初開催

電気自動車の最高峰レース「フォーミュラE・e-Prix」が10日、スイス・チューリヒで初めて開催される。スイスからは、世界耐久選手権(WEC)でトヨタのドライバーを務めるセバスチャン・ブエミらが出場。スイスでカーレースが行われるのは実に64年ぶりだ。

SDA-Keystone/ac

Neuer Inhalt

Horizontal Line


swissinfo.ch

公式アカウントはじめました!

公式アカウントはじめました!

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。