Navigation

高級ホテル「ドルダー・グランド」の新しい装い

チューリヒ市の高台にある高級ホテル「ドルダー・グランド ( Dolder Grand ) 」は、4年にわたる大改築を終えて、4月3日にシティ・リゾートとして再オープンする。

このコンテンツは 2008/03/19 08:55

改築はロンドンのスター建築家ノーマン・フォスター氏の指揮によって進められ、およそ4億4000万フラン ( 約440億円 ) を要した。

宿泊は8万5000円から

ホテル支配人のトーマス・シュミット氏は、
「4月にはゼロからスタートするが、世界の高級ホテルのトップクラスを目指す」
と意欲満々だ。お城のようなこのホテルは、2004年から全面改装が続いていた。

一部は以前のままの姿を保っているが、フォスター氏はここにエレガントな曲線を描く翼状の建物を2つ加えた。その全景はすべてが美しくマッチしている。富裕層からなる宿泊客のために、豪華なルームとスイートが173室、広さ4000平方メートルのスパ、トップクラスのレストラン、パーティルームやセミナールーム、そしてゴルフ場が整えられている。

ダブルルームは1泊850フラン ( 約8万5000円 ) から。最大400平方メートルの広さがあるトップ・スイートは、1泊5200フランから1万4000フラン ( 約52万円から140万円 ) 。
「この金額は、世界のトップレベルでは飛び抜けて高いわけではない」
とシュミット氏。そんなドルダー・グランドの中心を成すのは、文化財とともに精密に復元された広いロビーだ。

改築費はもともと1億6000万フラン ( 約160億円 ) と予定されていた。しかし、改築が進むうちに新しいプロジェクトが次から次へと現れ、費用はどんどん上がって最終的に4億4000万フランまで膨らんだ。

3月27日から29日までは一般公開日。誰でも新しくオープンするドルダー・グランドを見学することができる。

swissinfo、外電

このストーリーで紹介した記事

JTI基準に準拠

JTI基準に準拠

おすすめの記事: SWI swissinfo.ch ジャーナリズム・トラスト・イニシアチブの認証授受

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

パスワードを変更する

プロフィールを削除してもいいですか?