Navigation

0.5パーミルが命を助けた

0.5パーミル制限の導入直後の2005年1月7日、0.56パーミルで運転した人の調書を書く警察官 Keystone

運転で認められるアルコールの許容量が0.5パーミルに制限されて来年1月で5年経つことになる。当時は強い反対のあった制限だが、現在はすっかり定着。飲酒運転による死亡事故も激減した。

このコンテンツは 2009/12/24 08:23

「 生真面目すぎる」「ヒステリー」といった保守派の批判も当時はあったが、今は誰もそういったことは言わない。

今後は更なるコントロールを

「飲酒運転は英雄的行為」という当時の認識は、今は全くない。「0.5パーミル制限はその効果を発揮した」と連邦運輸省道路局(ASTRA/OFROU)連邦交通局 ( Astra ) のトマス・ロールバッハ広報担当官も語る。また、事故防止助言機関 ( bfu ) も「大成功だった」と評価している。厳しい飲酒制限が導入された後の2005年の事故統計では、飲酒運転による死亡事故が大幅に減少した。

「自家用車による飲酒運転の死亡事故は2005年、前年比で25%減少した。2006年には同じく30%減少した」
とbfuのダニエル・メンナ広報担当官は連邦統計局の統計を例に挙げた。これは導入直後の効果で、その後は横ばい。メンナ氏は、長期的に見て、0.5パーミル制限が効果を発揮するために、警察によるさらなる厳しいコントロールが必要だと指摘する。2005年から警察は、飲酒運転の疑いがなくとも運転手にアルコール検査を強制することが許されるようになったことも、死亡事故防止につながったとみられている。

swissinfo.ch、外電

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

JTI基準に準拠

JTI基準に準拠

おすすめの記事: SWI swissinfo.ch ジャーナリズム・トラスト・イニシアチブの認証授受

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

パスワードを変更する

プロフィールを削除してもいいですか?