Navigation

Andrea Tognina

主な担当分野:歴史、人権、経済。 イニシャル:ant

グラウビュンデン州出身の教育史専門家。主な関心テーマは政治、社会問題。

イタリア語編集部

おすすめの記事

スイス軍用機発注の舞台裏 F-5タイガーの場合

このコンテンツは 2020/08/24 軍用機の購入は複雑な任務だ。国内政策は外交政策と、防衛政策は経済政策とぶつかり合う。中立をうたうスイスではさらにこれがややこしくなる。スキャンダルもほぼ必ずついて回るからだ。ところで戦闘機はどうやって調達するのだろう?ほぼ未検証の資料をもとに、F-5タイガー戦闘機発注の舞台裏をのぞいた。

おすすめの記事

「ブカレストの天気は?」慎重極めた冷戦時代のスイス外国訪問

このコンテンツは 2019/06/27 スイスの閣僚が共産国を初めて訪れたのは、冷戦真っただ中の1969年4月のこと。東欧諸国でありながら独立を目指していたルーマニアを、当時のヴィリー・シュピューラー・スイス外相が訪問した。和やかに行われたこの外遊が、スイスの外交に新たな方向性を定めた。...

おすすめの記事

地球から命の灯が消える日は近い?

このコンテンツは 2019/05/22 現存する8種のうち1種は近い将来、絶滅の危機に瀕するだろう。政府間機関「生物多様性及び生態系サービスに関する政府間科学・政策プラットフォーム(IPBES)」はそう警鐘を鳴らす。初めて地球規模で生物多様性の現状をまとめた同機関の報告書の作成に携わったスイス人専門家に聞いた。

おすすめの記事

成功のカギは譲歩 「アルペンイニシアチブの良さはそのプラグマティズムにある」

このコンテンツは 2019/02/20 1994年2月20日、まさに25年前の今日、スイスの有権者は国民投票で「アルペンイニシアチブ」を可決した。国をまたいで行われるトラック輸送を鉄道輸送に移行する案だ。しかし問題が複雑に絡み合い、25年経った今でも目標の一部は達成できていない。それでもなお、同イニシアチブ協会のジョン・プルト会長が...

おすすめの記事

2019年のスイスを占う四つの問い

このコンテンツは 2019/01/03 スイスは国際社会で影響力を発揮する一方、世界経済や世界情勢、欧州連合(EU)からも強い影響を受けている。そんなスイスでは今年、連邦議会選挙が行われる。世界の流れに歩みを合わせるか、それとも今の状態を維持するか―。四つの問いを中心に、2019年のスイスを国際的な観点から予想する。

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。