2021年ダボス会議はルツェルンの高級リゾートで開催

2021年のダボス会議は規模を縮小し、ビュルゲンシュトックリゾート(写真)で行われる予定だ Keystone / Urs Flueeler

2021年の世界経済フォーラム(WEF)年次総会(ダボス会議)は5月18~21日、ルツェルン湖を見下ろすビュルゲンシュトックリゾートに場所を移して開催される。WEFが7日、発表した。

このコンテンツは 2020/10/08 13:00
swissinfo.ch/ac

新型コロナウイルスの影響で規模を縮小して行うことは、WEFが以前に公表していた。ダボス会議は例年1月にスイス東部のダボスで行われるが、次回は中央スイスの丘に建つ5つ星ホテル、ビュルゲンシュトックリゾートで開かれる。

来場者は通例の3千人から最大1500人に減らす予定。2021年の年次総会のテーマは、パンデミック(世界的大流行)後の世界の再建に関する「グレート・リセット」という。

会議に先立ち、1月25日の週にはWEFがオンラインで主催するハイレベル会合「ダボス対話」がある。

スイスを含む欧州では新型コロナウイルス感染者の数が再び増加しているため、参加者が会場に集まる形での総会は開かれない可能性もある。

WEFは7日の声明で「年次総会は、参加者とホストコミュニティの健康・安全を保証するすべての条件がそろった場合にのみ開催する」と述べた。

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場は+こちら+からアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する