Navigation

スイス企業はどれだけスイスらしい?

2015年、スイス企業のトップマネージャーの約半数は外国人になるといいます。管理職に外国人を持つ企業はどれだけスイスらしさを保てるのでしょうか。スイス企業のアイデンティティーや価値観はやはり押しつぶされ、希薄になってしまうのでしょうか。

このコンテンツは 2012/06/20 11:00

スイスに本社を置く多国籍大企業やブルーチップ(アメリカの株式市場で取引されている優良株式銘柄)企業では、管理職の3分の2はすでに外国人です。中企業でも、新しいマーケットに進出するためのノウハウを持つ外国人の採用が活発化しています。

このような状況が続くと、スイスらしさは徐々に無くなってしまうのでしょうか。それとも、国籍に関係なく最高のマネージャーを起用することはスイスの発展にプラスになるのでしょうか。

日本でも管理職に外国人が増えています。日本について、スイスについて、あなたのご意見をお聞かせください。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。