Navigation

スイスに来て40年

スペインでは1960~70年代、100万人以上が明るい未来を求めてスイスに大量移住した。へナロ・ロドリゲスさんもそのうちの一人。16歳の時に故郷のガリシア州を離れ、今もベルンで暮らしている。

このコンテンツは 2012/11/17 11:00
swissinfo.ch

ア・コルーニャ県(A Coruña)フォルネロス村(Fornelos)に住んでいたロドリゲスさんは12歳の時、教師の暴力から逃れるために学校を去った。その4年後、左官の仕事をしていたロドリゲスさんは友人の言葉に従うことにした。「スイスに行った方がいい。あそこには仕事もあるし、給料も高い。こことは違って、良いところだ」

 

子供の頃に自尊心を傷つけられた記憶があり、勉強をすることにためらいがあった。しかし、独学でドイツ語を学び、通信講座を受講して知識を磨き、現在では建設現場の監督としてスイスで働いている。強い意志を持ち続けるロドリゲスさんの姿を追った(トーマス・ケルン、ダニエル・ヴィーラー、パトリシア・イスラス、swissinfo.ch)

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。