Navigation

スノーパークの安全性

事故を防ぐための新ガイドライン

このコンテンツは 2012/02/10 12:42

スイスのスキー場ではこれまで、スノーパークの建築基準およびメインテナンスの規定が統一されていなかった。スキーやスノーボードを楽しむ人の中には、自分の技量を過剰評価したり、ジャンプや障害の難易度を甘く見る人も多く、パークに不具合があれば重大事故につながる可能性がある。そこでスイス事故防止協会(Swiss Council for Accident Prevention)はスノーパーク利用者の安全のために新ガイドラインを作成した(Julie Hunt/swissinfo.ch)

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。