Navigation

ソーラー産業に暗雲

価格圧搾に苦しむソーラー業界

このコンテンツは 2012/03/20 10:00

3月2日、スイスに本社を持つ企業エリコン(Oerlikon)は、ソーラー部門を東京エレクトロンに売却すると発表した。エリコン・ソーラー(Oerlikon Solar)は2008年、独立企業として設立され、2034年までに脱原発を目指すスイスで重要な位置を占めていると目されていた。しかし、エリコンのように太陽電池パネル製造装置を作っている各メーカーは、産業界全体の生産過剰で値崩れが発生し、苦しい立場に追い込まれている(SF/swissinfo.ch)

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。