Navigation

ダボス会議参加者が「難民」体験

内戦などによって避難を余儀なくされている難民は、推定6500万人。ダボス会議では香港を拠点とする慈悲団体クロスロード・ファンデーション他のサイトへが「難民」疑似体験ができるブース「Refugee Run他のサイトへ」を設置。この体験を通し、難民問題の理解を深め、また関心を高めることを目的としている。(Carlo Pisani, swissinfo.ch)

このコンテンツは 2017/01/18

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

パスワードを変更する

プロフィールを削除してもいいですか?

ニュースレター
サブスクリプションを登録できませんでした。 再試行する。
仮登録をしました。 次に、メールアドレスの認証手続きを行ってください。 ご入力いただいたメールアドレスに自動配信メールを送信しました。自動配信メールに記載されているリンクをクリックして、ニュースレター配信手続きを完了させてください。

注目の記事を毎週、無料でお届け

ご登録いただいた方には、swissinfo.chのトップ記事をメールでお届けいたします。

SRG SSRのプライバシーポリシーでは、データ処理に関する追加情報を提供しています。