Navigation

Skiplink navigation

ダボス会議参加者が「難民」体験

内戦などによって避難を余儀なくされている難民は、推定6500万人。ダボス会議では香港を拠点とする慈悲団体クロスロード・ファンデーションが「難民」疑似体験ができるブース「Refugee Run」を設置。この体験を通し、難民問題の理解を深め、また関心を高めることを目的としている。(Carlo Pisani, swissinfo.ch)

このコンテンツは 2017/01/18 09:00

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する