ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

ライン川は真っ赤に染まった

有毒物質による汚染から25年

1986年11月1日未明、バーゼル市近郊の産業地区シュヴァイツァーハレ(Schweizerhalle)にある製薬会社サンド(Sandoz)の倉庫で火災が発生した。農薬などが炎上して市街は煙に覆われ、大量の有毒物質が消火用水と共にライン川に流れ込んだ。その後の取り組みで再び魚が住めるようになった (SF/swissinfo.ch, 2006)

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。