Navigation

ライン川は真っ赤に染まった

有毒物質による汚染から25年

このコンテンツは 2011/11/02 11:15

1986年11月1日未明、バーゼル市近郊の産業地区シュヴァイツァーハレ(Schweizerhalle)にある製薬会社サンド(Sandoz)の倉庫で火災が発生した。農薬などが炎上して市街は煙に覆われ、大量の有毒物質が消火用水と共にライン川に流れ込んだ。その後の取り組みで再び魚が住めるようになった (SF/swissinfo.ch, 2006)

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。