ナビゲーション

ナビゲーションへ

サブサイト

グローバルメニュー

第44回アルペンスキー世界選手権2017 アルペン世界選手権開幕 開幕式で日本人がダンスパフォーマンス

埋め込みコード

44回目となるアルペンスキー世界選手権2017が6日、グラウビュンデン州サン・モリッツで開幕した。開幕式のパフォーマンス・ショーには日本人ダンスグループ「キネティック・アート」も登場し、約5千人の観客の前でダンスを披露した。(映像・SRF/swissinfo.ch、文・大野瑠衣子)

1年後に迫った平昌五輪の前哨戦としても注目される同選手権には、およそ600人のトップアスリートが76カ国から集まり、滑降、スーパー大回転、大回転、回転、アルペン複合、団体戦で競う。日本からはエースの湯淺直樹選手に注目が集まる。

開会式では「マジック・スノー ―情熱の誕生―」をテーマに、国際色豊かなアーティストたちによるショーが行われ、日本からはダンスユニット「キネティック・アート」が参加。2010年に結成され、日本とイギリスを拠点に活動中の同ユニットは、ユニークな組み技や不思議な動きのダンスで観客を魅了した。

サン・モリッツは選手権開幕直前まで強風などの悪天候に見舞われ、選手権会場となるコルヴィリア・スキー場とエンジアディーナ・スキー場で初日のテスト走行が中止されたことなどから、開催期間中の天候が心配されていた。競技は現在、予定通り行われている。選手権は19日までの開催。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。