Navigation

郊外がワイルドに

ベルン郊外で生物多様性を促進

このコンテンツは 2011/08/09 10:28

ベルン近郊ののどかな自治体ヴォーレン(Wohlen)が環境保全団体WWFの「生物多様性賞」を受賞した。動植物の多様性を促進する広範囲に及ぶ計画は、低予算で有志の活動により行われている。農法を変え、河川をより自然に近い状態に戻し、水鳥のために葦を増やした。そして、墓地までもが野生のオアシスに姿を変えた(ジュリー・ハント、swissinfo.ch)

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。