Navigation

NGOら下着メーカー・トリンプにミャンマー工場撤収を要請

スイスのNGO、ベルン・デクラレーションとクリーンクローズ・キャンペーン(Clean Clothes Campaign, CCC)は、ミャンマー軍事政権の非人道的行為に抗議し、下着メーカーのトリンプにミャンマーから直ちに撤退するよう要請した。

このコンテンツは 2001/01/25 05:34

国連は、ミャンマーの軍事政権が強制労働、拷問など大規模な人権虐待を日常的に行っていると批判している。CCCは19日ローザンヌのトリンプ・ショップ周辺を取り巻き、人々にトリンプの製品を買わないよう呼び掛けるなど、トリンプ製品の非買運動に踏み切った。CCCは雇用・被雇用両サイドの良好な関係構築を促進するアプローチを取るのが常套で、このような強行手段を取るのは稀だ。

トリンプ社のアロイス・ヒルツェル・スポークスマンは、NGOの要請を拒絶し、トリンプのミャンマー工場に強制労働者はいないと明言した。また、トリンプ工場で働く1、000人の従業員は、ミャンマーの平均的な労働環境よりはるかに良好な環境にあると説明した。

ミャンマーの軍事政権は、1989年民主選挙で敗れた後も政権を固守している。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。