Navigation

政治家よ目を覚ませ!「気候警報」デモで訴え

「目標達成には対策が必要!」と訴えるデモ参加者。ベルンにて Keystone

スイスの首都・ベルンの連邦議事堂前で千人以上がデモ行進を行い、「気候警報」としてあらゆる種類の楽器や道具などで騒音を出して要求を訴えた。

このコンテンツは 2018/12/10 11:28
Keystone-SDA/ts

この平和的なデモンストレーションは、環境、開発、社会分野の70以上の組織で構成されるスイス気候連盟他のサイトへが企画。デモでは議会により二酸化炭素(CO2)法他のサイトへが弱体化される可能性を非難した。

スイスのフランス語圏から参加した抗議グループは「目標達成には対策が必要!」とプラカードで訴えた。デモの参加者らは鍋や蓋、鳴き声、笛、ドラムなどを使って騒音を立て、政治家に目を覚ますよう促した。

デモ参加者は、スイスの現在の法律では気候目標を達成できていないと指摘。また、スイスはCO2の規制がさらに緩和される脅威に直面していると警鐘を鳴らす。「出来るだけ早くCO2の排出量を減らす必要があるにもかかわらず、2020年からはむしろ削減ペースが今日よりもはるかに遅くなる」

スイス気候連盟の要求の一つは、気温上昇を2℃以下に制限するパリ協定の気候目標他のサイトへをCO2法に盛り込むことだ。また、スイスは汚染の原因を生んだ者が対策費用を負担すべきとする「汚染者負担の原則」を徹底し、道路交通に加えて、航空交通も気候対策への費用を負担すべきだとしている。​​​​​​​

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。