Navigation

SAirグループ、大幅減益

スイス航空の親会社SAirグループの今年上半期の収支決算が22日発表されたが、収益は300万スイスフラン(173万ドル)で、昨年同時期の収益8、700万スイスフランより大幅な減益となった。

このコンテンツは 2000/08/22 12:08

スイス航空の親会社SAirグループの今年上半期の収支決算が22日発表されたが、収益は300万スイスフラン(173万ドル)で、昨年同時期の収益8、700万スイスフランより大幅な減益となった。

減益の原因は、原油価格の高騰とスイスフラン安にある。原油価格高騰のため、今年上半期同グループは1億7、000万スイスフランの超過燃料費を余儀無くされた。原油価格がこのままのレベルに留まるならば、さらなる減益は免れないという。

同グループのSエアライン部門(スイス航空、クロス航空、Balair)の上半期の収支は、1億5、500万スイスフランの赤字となった(昨年同時期の収益は8、400万スイスフラン)。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。