ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

タミフル 72カ国へ発送

発送のため入念にタミフルの数を数えるロッシュの社員

(Keystone)

世界保健機関 ( WHO ) は5月5日、タミフルを72カ国へ発送する準備を行っていると発表した。

これは、タミフルを最も必要としているとWHOが判断する、メキシコを含む国々だ。発送量は1日の服用量を1パックと計算した場合、計240万パックになる。

タミフル、リレンザともに急ピッチで生産

 「一部は5月5日中に、発送される」
 とWHOのスポークスマン、フェデラ・チャイブ氏は語った。荷積みされる主な地点は、スイスのバーゼル、アメリカのメリーランド、アラブ首長国連邦のドバイの3カ所だという。

 一方、タミフルを製造するスイスの医薬品大手「ロシュ( Roche )」は、急ピッチで生産を行っているという。ロシュはまた、世界的大流行( パンデミック )になった場合の使用にと、かなりの量のタミフルを2006年、国連 ( UN ) に寄付している。

 世界第2の医薬品大手「グラクソ・スミスクライン( Glaxo SmithKline )」も、新型インフルエンザウイルス( H1N1型 )感染を防ぐ効果があるとされる「リレンザ ( Relenza ) 」の生産能力を高めているという。

 スイスでは、新型インフルエンザの感染を疑われ、現在検査を受けている「推定患者」が20人から23人へと、わずかながらも増加した。

swissinfo.ch、外電

swissinfo.ch


リンク

×