Jump to content
Your browser is out of date. It has known security flaws and may not display all features of this websites. Learn how to update your browser[閉じる]

国民対話カルテット


ノーベル平和賞、チュニジアの民主化推進団体に





 他言語で配信中:4  他言語で配信中:4

ノルウェーのノーベル賞委員会は9日、2015年のノーベル平和賞を、チュニジアの民主化推進団体「国民対話カルテット」に授与すると発表した。独裁政権崩壊後のチュニジアで民主主義の発展に大きく貢献したことが授与の理由とされる。

 ノーベル賞委員会によると、国民対話カルテットが結成されたのは13年夏。政治家らの暗殺などが相次ぎ、チュニジアが民主化を成し遂げられるかどうかが危ぶまれていたときだった。

 同団体は、活動分野や価値観の異なる四つの市民団体から構成されている。ノーベル賞委員会は、独裁政権崩壊後のチュニジアで民主化が平和的に進められたのは、同団体が議会を支え、新憲法が国民に認められるよう尽力したおかげだとしている。

 ノーベル平和賞の授与式は12月10日にオスロ市庁舎で行われる。国民対話カルテットには、賞金800万スウェーデンクローナ(約1億1600万円)が贈られる予定。

swissinfo.ch

著作権

すべての権利を留保します。swissinfo.chウェブサービスのコンテンツは著作権で保護されており、私的使用目的でのみご利用いただけます。それ以外のウェブサービスのコンテンツ利用、特に拡散、変更、転用、保存、複写する場合は、swissinfo.chの書面による同意を必要とします。私的使用以外でご利用される場合は、contact@swissinfo.ch へご連絡ください。

私的使用以外の利用において唯一認められるのは、特定のコンテンツへのハイパーリンクを自分のウェブサイトや第三者のウェブサイトに設定することです。また、広告のない環境にswissinfo.chウェブサービスのコンテンツを原文のまま掲載することもできます。swissinfo.chウェブサービスでダウンロード用に提供しているすべてのソフトウェア、ディレクトリー、データ、およびそのコンテンツに対しては、私用の機器へのダウンロードや保存に限定した、譲渡不可能で非独占的な単純ライセンスを譲渡します。他のすべての権利はswissinfo.chに属します。特に、販売や商業的利用は固く禁止します。

×