ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

イングバル・カンプラード氏 イケア創業者が死去 長年スイスに在住、最も裕福な一族に

イケア(IKEA)創業者のイングバル・カンプラード氏

イケア(IKEA)創業者のイングバル・カンプラード氏

(Keystone)

スウェーデン発祥の大手家具メーカー、イケア(IKEA)創業者のイングバル・カンプラード氏が27日、病気のためスウェーデンの自宅で死去した。91歳だった。カンプラード氏は長年、スイスに居住していた。

 スイスの経済誌ビランツによると、カンプラード氏は世界の大富豪の一人として知られる。また同氏の家族はスイスに居住しており、国内で最も裕福な家族とされる。

 ビランツはカンプラード一族の資産を約480~490億フラン(約5兆5200億円~5兆6350億円)と見積もる。カンプラード氏がスウェーデンに戻った後も、3人の息子がスイスにとどまり、ビジネスを経営している。スイスは税金が安いことから、多くの富裕層が住居を構える。

 カンプラードさんは1926年、スウェーデン南部のスモーランドに生まれ、17歳でイケアを創業した。

 イケアはウェブサイト上で「カンプラードは素晴らしい起業家で、スウェーデン南部特有の人間でもあった。良く働き頑固で、温かみにあふれ、きらきら光る目を持っていた。まだやり残したものがあるという自身のモットーを胸に死の直前まで働いた」との声明を出した。

 1973年、イケアがスカンジナビア半島以外で初めて出店したのはチューリヒ郊外だった。これはカンプラード氏のモットーを実践するためのテスト店舗だった。カンプラード氏は「スイスでうまく行けば、世界のどこでも通用する」と語っていたという。

ATS-SDA/sm

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。