仕事

スイスで労働許可証を取得するのは困難だろうか? 外国人がスイスで不動産投資をするために必要なことは? 管理職の給与はどのくらい? スイスで働くための実用的な情報を紹介。

主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

労働許可証

労働許可証の取得方法は、申請者の出身国やスキル、外国人雇用制限枠(クオータ制)などにより異なる。

越境労働者

外国から国境を超え、スイスの会社に通勤する人の数は近年着実に増え、現在は32万人近くに上る。越境労働者に発行されるGタイプの滞在許可証は今日、スイスの労働者全体の6%を占める。

外国の資格の承認

外国に移住する際、悩みの種になるのが、それまでの国で取得した職業資格を新しい国で承認してもらうこと。スイスの職業の多くは公的機関などが定める資格が必要で、そのような場合、働き始める前に手続きが必要となる。

就職活動

スイスでの就職活動に役立つ情報をご紹介します。 就職活動を行うにあたり、応募先企業に好印象を与えることは重要ですが、マナーに注意して書類送付することはその第一歩となります。 応募書類の注意点 ...

給与

製薬業界の中間管理職の給与はどのくらい?スイス人の1週間の平均勤務時間は?13カ月目の給与とは?スイスの給与事情について紹介します。 スイスの生活水準は世界最高レベルですが、それは給与についても同じことが言えます。 給与 ...

就職と職業紹介所

第3国出身者もヨーロッパ人も、スイスでの職探しはまずここから。 スイスでの就職に際しては、EUやEFTA加盟国の国民が優先されるが、第3国出身の有資格者もスイス企業にとって有用な人材に成り得る。 世界最高水準の給与報酬を得られるスイスで有益な仕事を見つける方法を紹介。   ...

見習研修制度

スイスは、日本を含む約30カ国と協定を結び、それらの国の若者がスイスで仕事や語学のスキルを向上させるための研修制度を設けている。 ほかにも ニュージーランド、カナダ、南アフリカなど多数の国と協定を結んでいる。 ...

起業

スイスでは、外国人を含め誰もがスイスで事業の経営や会社の設立など経済利益を追求できると連邦憲法で認められている。  しかし、それには一定の条件がある。法律上、スイスで起業を許されるのは、有効なC許可証(第三国出身者に対する定住許可)の所持者とその配偶者、もしくはスイス人配偶者のみ。 ...

自営業

スイスでは起業家精神が全国的に浸透しているが、外国人が自営業をスイスで開始するには認可と許可証が必要。 ...

スイスでの投資

スイスでの投資には、別荘の購入、ビジネス、株式投資などがある。投資に必要な情報を紹介。 2009年にアメリカ、イギリス、スペインなどの国々で住宅価格が暴落したが、スイスの不動産市場価格は過去平均を上回る成長率を記録した。 ...

労働市場の裏側

スイスの雇用状況は非常に安定している。世界的な経済危機が発生しても、スイス経済に壊滅的な影響を与えることはほとんどない。

商工会議所

スイス商工会議所は、スイスと諸外国の間のビジネスを推進するため世界各地に設けられている。 商工会議所などの団体はほぼすべての国のものがあり、スイスでのビジネスの窓口となっている。 ...

スイスの労働文化

フルタイムで就労者の勤務時間は週42時間から45時間。しかし、家庭の事情からパートタイムを選ぶスイス人が増えている。 ドイツ語圏のマネジメントの楽しい入門書として、マルティン・ズーターの著書「ビジネス・クラス(Business Class)」(仏/独/伊語)を一読するとよい。 労働倫理 ...