主な記事の続き

以下のコンテンツは、主な記事の関連記事を掲載しています

労働許可証

労働許可証の取得方法は、申請者の出身国やスキル、外国人雇用制限枠(クオータ制)などにより異なる。

越境労働者

外国から国境を超え、スイスの会社に通勤する人の数は近年着実に増え、現在は31万2000人強。越境労働者に発行されるGタイプの滞在許可証保持者は今日、スイスの労働者全体の6%を占める。

外国の資格の承認

外国に移住する際、悩みの種になるのが、それまでの国で取得した職業資格を新しい国で承認してもらうこと。スイスの職業の多くは公的機関などが定める資格が必要で、そのような場合、働き始める前に手続きが必要となる。

就職活動

スイスで就職活動するとき、応募書類は何を書けばいい?面接から採用までの流れはどうなっているの?そんなときはこちらのページを参照してほしい。

給与

製薬業界の中間管理職の給与はどのくらい?スイス人の1週間の平均勤務時間は?13カ月目の給与とは?スイスの給与事情について紹介する。

職探しと人材紹介会社

スイスでの職探しはまず...

見習い研修制度

スイスはEU以外の13カ国(日本も含む)と協定を結び、各国の若者がスイスで仕事や語学のスキルを向上させる研修制度を設けている。

起業

スイスでは、外国人を含め誰もがスイスで事業の経営や会社の設立など経済利益を追求できると連邦憲法で認められている。  しかし、それには一定の条件がある。法律上、スイスで起業を許されるのは、有効なC許可証(第三国出身者に対する定住許可)の所持者とその配偶者、もしくはスイス人配偶者のみ。 ...

自営業

スイスでは起業家精神が全国的に浸透しているが、外国人が自営業をスイスで開始するには認可と許可証が必要。

不動産の購入

スイスでの投資には、別荘の購入、ビジネスの立ち上げ、株式投資などがある。投資に必要な情報を紹介する。

商工会議所

スイスには多数の商工会議所がある。地元の官庁や企業を代表する州商工会のほか、スイスと他国間のビジネス推進に寄与するための二国間商工会がある。世界のほぼすべての国が、協会や会議所という形でスイスにビジネスの窓口を置く。

スイスの労働文化

フルタイムで就労者の勤務時間は週42時間から45時間。しかし、家庭の事情からパートタイムを選ぶスイス人が増えている。 ドイツ語圏のマネジメントの楽しい入門書として、マルティン・ズーターの著書「ビジネス・クラス(Business Class)」(仏/独/伊語)を一読するとよい。 労働倫理 ...