Your browser is out of date. It has known security flaws and may not display all features of this websites. Learn how to update your browser[閉じる]

ソーラー・インパルスの決断


ソーラー・インパルス2、名古屋からハワイに向け飛び立つ予定





県営名古屋空港を24日未明、ハワイに向け飛び立つ予定のソーラー・インパルス2 (Solar Impulse)

県営名古屋空港を24日未明、ハワイに向け飛び立つ予定のソーラー・インパルス2

(Solar Impulse)

県営名古屋空港で待機中のスイスの電動飛行機ソーラー・インパルス2が、24日朝2時30分にハワイに向け飛び立つ予定だとスイスの運営団体が発表した。

 12年の歳月をかけ実験に実験を重ねた末に誕生したこの飛行機は、「クリーンテクノロジーで持続可能な地球を」のメッセージを掲げて今年3月9日、世界一周の旅に挑戦するためアブダビ空港を出発した。しかし、天候が最大の障害になり、各所で何日も待機状態が続いた。

 南京からハワイへの飛行では、操縦士のアンドレ・ボルシュベルクさんは飛行中にモナコの司令室から次のようなメッセージを受け取った。「悪いニュースだ。このまま飛行を続けると、5日目に厚い雲に覆われる。日本に着陸するほうが良い」

 そして名古屋に6月1日に着陸したものの、またいつ飛び立てるのかわからない状態が続いた。さらに先週、スイステレビのインタビューに応えてボルシュベルクさんは、「世界一周の飛行は日本で中断し、来年の春まで待つ可能性が高い」とまで述べていた。

最も難しい120時間の飛行

 そのボルシュベルクさんが23日朝、次のようなコメントを発表している。「ハワイまで、5~6日かかる。われわれは、高い技術で製作され、高性能の機器を完備する飛行機を持ちながら、一方で非常にゆっくりと時間のかかる飛行をしなければならない。しかも、天候に左右される飛行だ」

 「しかし、こうしたすべての点を考慮しても、われわれがこの冒険を中断しないことだけは確かだ。完全なる失敗とは、あきらめることだからだ」

 一度日本を出発するとハワイまで4日と23時間30分間、つまり約120時間、太陽エネルギーだけに頼っての飛行が待っている。しかもその間、わずか20分間の休憩・仮眠しか許されない。

 この最も難しい飛行に挑戦するボルシュベルクさんの勇気に声援を送りながら、その成功と無事を心から祈る。

しかし…結局断念

  だが、この記事が配信されてから4時間半後(日本時間の24日午前4時)、ソーラーインパルスチームは離陸を断念すると発表した。理由は、予定の航空路に雲がかかり、その雲が日本側に向かって急速に広がってきているからだという。 

 この事実は、出発の午前2時半直前になって判明。その後1時間半議論が続いたが、結局離陸をあきらめた。重い空気が垂れ込むモナコの司令室で、もう一人の操縦士ベルトラン・ピカールさんは、こう語った。「太平洋の天候は非常に変わりやすい。気象の専門家が出発直前になって雲が多いと言ってきた。今後は、出発の決定プロセスそのものを見直す必要がある。そうしなければ、また同じことが起こる」

 名古屋の空港で準備万端だったボルシュベルクさんは、コックピットからゆっくりと出てきて、「この落胆を消化するには時間がかかる。しかしモナコの判断を信じている。仕方がない。また、こうした落胆も、われわれが挑む冒険の一部だ」と話した。

×