ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

ダイバーシティー スイスのフィンテック業界団体、女性役員を選出

クリプト・バレー協会のロゴ

クリプト・バレー協会はスイスのブロックチェーン産業を支援・促進するために昨年発足した

(swissinfo.ch)

スイスのブロックチェーンの業界団体クリプト・バレー協会他のサイトへは9月20日の臨時総会で、理事会に2人の女性役員を選出した。

選ばれたのは、ブロックチェーンを使った企業統治システムを開発するArgonの幹部マリア・ゴメス氏と、アセットマネジメント会社メロンポートの最高技術責任者(CTO)ジェンナ・ツェンク氏。

協会は6月、理事会運営に人材と働き方の多様性(ダイバーシティー)を与えるため理事を5人から7人に増やすことを決めていた。自ら設けたダイバーシティー検討会から「似たり寄ったりの男性集団」と批判を受けたためだ。

オリバー・ブッスマン会長は「クリプト・バレー協会は、業界の成功に向け今後も努力を続けていくために、2人の有能で献身的な役員を得たことを嬉しく思う」と語った。

クリプト・バレー協会は2017年、スイスのブロックチェーン関係者を結集し、業界を先導するための組織として設立された。会員は企業や弁護士、コンサルタント、インキュベーターなど1000人を超える。

スイスのブロックチェーン産業を世界に促進したり、自主規制の行動規範を策定したり、クリプト・バレーのあるツーク州当局や連邦の担当閣僚・当局との交渉に当たる。

swissinfo.ch

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。