Jump to content
Your browser is out of date. It has known security flaws and may not display all features of this websites. Learn how to update your browser[閉じる]

ブログ「もっと知りたい!スイス生活」


「FIFAワールド・サッカーミュージアム」がチューリヒにオープン!


2016年2月28日、チューリヒ市に世界唯一のサッカー博物館「FIFAワールド・サッカーミュージアム(FIFA World Football Museum)」がオープンした。金融ビジネスのイメージが大きいチューリヒであるが、FIFA(国際サッカー連盟)の本部がある事でも知られている。このサッカーミュージアムでは、歴史あるサッカーの遺産を引き継ぎ、国境を越えて、未来に羽ばたくサッカーを伝えていく事を使命としているのだという。今回は、総工費1億4000万スイスフラン(約164億7000万円)を費やして完成した、サッカーの博物館をご紹介しよう。

「サッカーの惑星 (Planet Football)」をテーマとした1階メインホール、FIFA加盟各国のナショナルチームのユニフォームが色とりどりに展示されている (swissinfo.ch)

「サッカーの惑星 (Planet Football)」をテーマとした1階メインホール、FIFA加盟各国のナショナルチームのユニフォームが色とりどりに展示されている

(swissinfo.ch)

 最初に申し上げておくと、筆者は特別なサッカーファンという訳ではない。スイスに住むまでは、むしろその逆であった。しかしヨーロッパに住んでみると、国をあげて熱狂するサッカー人気の凄さに圧倒されるばかりだ。特にワールドカップ(W杯)や欧州選手権の期間中は、白熱したサッカーの試合を見ると、自身も楽しめるようになってきた。そんな筆者の目で見た新しいサッカーミュージアムを語ってみたい。

 ミュージアムはチューリヒ市南西部の街区エンゲ(Zürich Enge)に建設された。FIFA本社とは別の場所だ。建物は総面積が3000平方メートル、地下を含む3つのフロアーで構成されている。内部はスイスらしいエコ仕様で、夏と冬の館内の冷暖房には、チューリヒ湖の湖水から作り出されるエネルギーを使用している。

 FIFAが創立されたのは1904年の事。サッカーミュージアムの館内には、ワールドカップのトロフィー、メダル、歴代のワールドカップ出場チームのユニフォームなどが展示されている。これらはすべてFIFAが所持するコレクションで、1000点にものぼるのだそうだ。その他、4000点以上の貴重な文献や、約1400点の写真の数々も展示されている。入場料金は、大人が24フラン(約2700円)、7歳から15歳の子供は14フラン(約1600円)、6歳以下の子供は無料だ。この他、グループ割引もある。去る3月8日の国際女性デー(International Women’s Day )には、女性客を対象に無料開放された。

館内の案内(パンフレット)と入場チケット (swissinfo.ch)

館内の案内(パンフレット)と入場チケット

(swissinfo.ch)

 館内に併設された「スポーツバー1904」の名称はFIFAの創立年にちなみ名付けられた。スポーツバーはサッカーミュージアムに入場しなくても利用が出来る。3つの大型LEDスクリーンが設置されたバーでは、スポーツ中継を鑑賞でき、スポーツファンで賑わっている。6月にスタートするUEFA欧州選手権期間中は、多くのサッカーファンが集う事であろう。同じくミュージアムに併設されているビストロ&カフェバー、ミュージアムショップも、博物館への入場無しで一般利用できる。ミュージアム内には、セミナールームとバンケットルーム、ライブラリーもある。

 館内は大きく3つのパートに別れている。第1展示室は1階のメインホールにあり、「サッカーの惑星(Planet Football)」と名付けられている。入場するとまず、目の前に飛び込んでくるのが、色とりどりにディスプレイされた歴代FIFA加盟国のナショナルチームのユニフォームコレクションだ。

ビッグスクリーンに、サッカーに関連するビデオを常時上映している (swissinfo.ch)

ビッグスクリーンに、サッカーに関連するビデオを常時上映している

(swissinfo.ch)
虹のアーチのようにディスプレイされた、カラフルなユニフォーム (swissinfo.ch)

虹のアーチのようにディスプレイされた、カラフルなユニフォーム

(swissinfo.ch)

 巨大スクリーンに映し出される映像は迫力満点!大きな透明のエレベーターの中も、壁いっぱいがスクリーンだ。 

エレベーターの中にも映像が流れる! (swissinfo.ch)

エレベーターの中にも映像が流れる!

(swissinfo.ch)

 同じく1階には、FIFAが創立された1904年から現在に至るまでの、FIFAと世界のサッカーの歴史が年代順に並んでいる。

世界のサッカーの発展を見学できるタイムラインの表示 (swissinfo.ch)

世界のサッカーの発展を見学できるタイムラインの表示

(swissinfo.ch)
ワールドカップの思い出が詰まった歴代大会とナショナルチーム、それらの選手達にまつわる展示の数々 (swissinfo.ch)

ワールドカップの思い出が詰まった歴代大会とナショナルチーム、それらの選手達にまつわる展示の数々

(swissinfo.ch)

 第2展示室は地下にある。このエリアのテーマは「ワールドカップ・ギャラリー (The World Cup Gallery)」とされ、貴重な資料等と共に、男女別のオリジナルの優勝トロフィーが飾られている。展示室内では、設置されたタッチパネル式のタブレットで、自分のお気に入りの国や選手の情報、過去の試合結果などの情報をチェックする事も出来る。とてもモダンなシステムに感心した。

ワールドカップの優勝トロフィー、次に使用されるのは2018年だ! (swissinfo.ch)

ワールドカップの優勝トロフィー、次に使用されるのは2018年だ!

(swissinfo.ch)
2011年に優勝した日本女子チームの記念展示品 (swissinfo.ch)

2011年に優勝した日本女子チームの記念展示品

(swissinfo.ch)

 地下には女子チームの軌跡も展示されている。2011年の女子ワールドカップ優勝チームである「なでしこジャパン」の選手達の名前も刻まれていた。日本人の自分にとっては非常に感慨深い。1930年に第1回目のワールドカップが開催されたのはウルグアイ。それ以降、現在に至るまでの歴代の開催地と優勝チーム、語り継がれる名試合に関連するエピソードが明記され、選手の備品等もある。ワールドカップの歴史と思い出がギッシリと詰まった貴重な展示品は、サッカーファンには見逃せない品々だろう。ちなみにスイスでは1954年にワールドカップが開催されたのだそうだ。2002年に日本と韓国が開催地となった大会資料も展示されている。

 筆者は平日の昼間に出かけてみたのだが、ひとつひとつ時間をかけてゆっくりと見学していたせいか、館内スタッフに、「よろしかったら写真をお撮りしましょうか?」と声をかけていただいた。女性一人で、見るからに外国人である自分は、熱狂的なサッカーファンだと思われてしまったようだ。せっかくなので、当時の「なでしこジャパン」の選手たちの名前と優勝トロフィーの横で、記念写真を撮っていただいた。別の係員からは、ビデオ上映について声をかけられた。地下には大型の映写室があり、最新のオーディオシステムで迫力満点の約8分間の映像を体験できる。 ここで働くスタッフ達は親切丁寧だ。真っ先に英語で話しかけてくる係員もいれば、「英語? ドイツ語? スイスドイツ語? どれで話しましょうか?」とまずは言語の確認をしてくれる係員もいた。

 第3展示室は2階にある。この階のテーマは「プレーグラウンド( Fields of Play)」様々な体感型ゲームマシンが設けられており、子供達を中心に賑わっていた。世界各国でのサッカーボールの作り方や、切手のコレクションなども展示され、サッカーのゲームそのものではなく、サッカー関連のコレクションを目にするのもとても興味深く感じた。

世界のサッカー切手コレクションの中に、日本の切手も見つけた! (swissinfo.ch)

世界のサッカー切手コレクションの中に、日本の切手も見つけた!

(swissinfo.ch)

 次回のFIFAワールドカップは2018年に開催される。「FIFAワールド・サッカーミュージアム」の更なる飛躍と、2年後のワールドカップの盛り上がりにも大いに期待したい。

スミス 香

プロフィール:スミス 香

福岡生まれの福岡育ち。都内の大学へ進学、その後就職し、以降は東京で過ごす。スイス在住13年目。最初の2年間をバーゼルで過ごし、その後は転居して、現在は同じドイツ語圏のチューリヒ州で、日本文化をこよなく愛する英国人の夫と二人暮らし。日本・スイス・英国と3つの文化に囲まれながら、スイスでの生活は現在でもカルチャーショックを感じる日々。趣味は野球観戦、旅行、食べ歩き、美味しいワインを楽しむ事。自身では2009年より、美しいスイスの自然と季節の移り変わり、人々の生活風景を綴る、個人のブログ「スイスの街角から」をチューリヒ湖畔より更新中。



リンク

著作権

すべての権利を留保します。swissinfo.chウェブサービスのコンテンツは著作権で保護されており、私的使用目的でのみご利用いただけます。それ以外のウェブサービスのコンテンツ利用、特に拡散、変更、転用、保存、複写する場合は、swissinfo.chの書面による同意を必要とします。私的使用以外でご利用される場合は、contact@swissinfo.ch へご連絡ください。

私的使用以外の利用において唯一認められるのは、特定のコンテンツへのハイパーリンクを自分のウェブサイトや第三者のウェブサイトに設定することです。また、広告のない環境にswissinfo.chウェブサービスのコンテンツを原文のまま掲載することもできます。swissinfo.chウェブサービスでダウンロード用に提供しているすべてのソフトウェア、ディレクトリー、データ、およびそのコンテンツに対しては、私用の機器へのダウンロードや保存に限定した、譲渡不可能で非独占的な単純ライセンスを譲渡します。他のすべての権利はswissinfo.chに属します。特に、販売や商業的利用は固く禁止します。

×