ナビゲーション

ナビゲーションへ

サブサイト

グローバルメニュー

スイスの保険会社は、加入義務のある医療保険から、車両保険や個人賠償責任保険まで、さまざまな種類の保険を提供しています。ここでは、医療保険をはじめとする加入義務のある保険および任意保険についてご紹介します。

医療保険

スイスには、日本の国民健康保険のような公的機関による保険制度はありません。しかし法律に従い、スイスの全住民には、居住してから3カ月以内に基礎医療保険へ加入することが義務付けられています。基礎医療保険は、一般的な診察、出産、重い病気の診察などに必要な医療費を補償しています。

全ての保険会社には、法律で定められた基礎医療保険を等しく提供する義務があります。基礎医療保険の詳細は、連邦内務省保険局のサイト他のサイトへをご参照ください。

保険料は年齢や居住地によって異なります。目安としては、成人の場合300~2500フラン(約3万4000~28万円)、子どもは無料ないし最高600フランです。また、どの受診形態(ホームドクター・モデル、一般診療医のHMOモデル)の保険に加入するかによっても保険料は異なってきますので、各保険会社にお問い合わせください。

各社の保険料はcomparis.ch他のサイトへからも比較できます。

医療費控除の有無に関係なく医療費の自己負担額は1割で、年間自己負担額の上限は700フランです。また緊急時を除き、補償金額の上限は居住している州によって異なってきます。

また、加入が義務付けられている上記の医療保険に加え、さまざまな費用を追加補償する補完的な医療保険があります。こうした保険は、例えば入院時の個室利用や、外国で事故にあったときに有効です。日本とは違い、基礎医療保険の適用外である歯の治療を対象とした保険もあります。

さらに、アウトドアスポーツ愛好者に向けた、アルプスでのヘリコプター救助費用を補償する保険など、独自の商品を提供している保険会社もあります。

事故

事故によるけがの治療費は基本的に医療保険で補償されないため、「事故保険」に別途加入する必要があります。

しかし、同一の雇用者のもとで週に8時間以上勤務する労働者に起きた事故は、労働時間以外の事故もすべて自動的に補償されるため、事故保険に別途加入する必要はありません。

第三者賠償責任保険および住宅保険

スイス人と同様、外国人居住者も火事や水害、盗難に備えて任意で個人保険や住宅保険に加入することができます。その場合、保険の対象となる品物や資産の価値に見合った保険に加入することが重要です。賃貸の場合、こうした保険への加入が入居条件となっている場合もあります。

第三者に対する損害を補償する個人賠償責任保険と住宅保険がセットになったプランなどもあります。各社の保険についてはcomparis.ch他のサイトへで比較できます。

自動車保険

自動車および自動二輪車の所有者には保険加入が義務付けられています。また、本人の所有する車や同乗者に対する損害を補償する任意保険もあります。

各社の自動車保険は、comparis.ch他のサイトへで比較できます。また、スイス・ツーリング・クラブ他のサイトへでもさまざまな保険を紹介しています。

swissinfo.ch

×