ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

宇宙のロマン 90億光年先の恒星「イカロス」、国際研究チームにスイスの研究者も

イカロス

重力レンズ効果により観測に成功したイカロス(写真左)。右上は2011年時点のもので、イカロスは見えない。右下は、16年の観測時のもの。白く光る点が見える

(NASA, ESA and P. Kelly, University of Minnesota)

米カリフォルニア大や東京大、東北大などの国際研究チームが2日、「重力レンズ」と呼ばれる自然の増光現象を利用することで、約90億光年離れた恒星をハッブル宇宙望遠鏡で観測できたと発表した。研究チームには、連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)、ジュネーブ大の研究者も加わっていた。

 恒星の正式名称は「MACS J1149+2223 Lensed Star 1」だが、ギリシャ神話にちなみ「イカロス」と名づけられた。これだけ遠方の恒星を単独で観測できたのは初めて。手前にある銀河団の強い重力がレンズの役割を果たし、最大で約2千倍明るく見えたという。論文は英科学誌ネイチャー・アストロノミー他のサイトへに掲載される。

 研究チームの一員で、連邦工科大学ローザンヌ校(EPFL)天文学研究室のジャン・ポール・クナイプ他のサイトへ教授は「90億光年離れた恒星を初めて観測することに、とうとう成功した」と喜びを語った。ジュネーブ大天文学部のアントニオ・カヴァ他のサイトへ博士研究員は今回の観測成功により、恒星と周辺環境について「膨大な量の情報」を得ることが出来たと述べた。 

SDA-ATS/ts

タグ

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。