Your browser is out of date. It has known security flaws and may not display all features of this websites. Learn how to update your browser[閉じる]
 (Keystone)
(Keystone)

都市化が進み産業が発達したスイスは、国内外で活躍する数多くの建築家を絶えず生み出している。

スイスは著名な建築家を輩出してきただけではなく、外国からも多くの有名建築家を引き付けてきた。

しかし、国の規模が小さく、大型プロジェクトがあまり発生しないため、国外に眼を向けたスイス人建築家も少なくない。

歴史に残る建築家

20世紀以前の建築家の中で最も優れた人物はフランチェスコ・ボッロミーニで、別名はフランチェスコ・カステリ(1599~1667年)。イタリア語圏出身のスイス人で、同時代の建築家ジャン・ロレンツォ・ベルニーニとピエトロ・ダ・コルトーナと共にイタリアバロック建築の創成に貢献した。

ボッロミーニはミケランジェロの建築作品や古代遺跡を学び、そこから独自のスタイルを確立した。ボッロミーニの建築作品の特徴は幾何学的な原理や象徴的な意味付けに見られる。

そして、20世紀最大のスイス人建築家といえば、ル・コルビュジエ(英/仏語)の名で知られるシャルル・エデュアール・ジャンヌレ(1887~1965年)だ。ジュラ地方のラ・ショードフォン(La Chaux-de-Fonds)に生まれたが、建築家としての活動はほとんどフランスで行った。

ル・コルビュジエは機能主義的な建築と都市計画への貢献で知られている。最近、彼が設計した建物(日本語)が生まれ故郷に再建されたが、作品の多くはフランス、さらには遠方のインドに見られる。

現代建築家

最近では、スイスのイタリア語圏出身のマリオ・ボッタ(英/伊語)がその大胆なデザインで世界的に有名だ。

ボッタの作品はスイス国内外のミュージアムから教会、銀行、そしてルガーノのバス停にまで至る。最も有名な作品はバーゼルのティンゲリー美術館(Museum Tinguely)(英/独/仏語)、ヌーシャテル(Neuchâtel)のデュレンマットセンター(Centre Dürrenmatt)(英/独/仏/伊語)、サンフランシスコ近代美術館(Museum of Modern Art, San Francisco)、新しく改修されたミラノのスカラ座(La Scala Opera House)など。また、ボッタは多くの大学で講師を務め、現在はティチーノ州のルガーノ大学で教鞭を取っている。

バーゼルを拠点に活動する建築家ヘルツォーク&ド・ムーロン(日本語)は、ロンドンのテート・モダン(Tate Modern)やラバン・ダンス・センター(Laban Dance Centre)といった大きなプロジェクトを手がけた。テート・モダンには拡張計画あり、2012年に終了予定。

倉庫と美術館が合体したバーゼルのシャウラーガー(Schaulager)(英/独語)や2008年北京オリンピックのメインスタジアム(英/独語)も彼らの作品。ヘルツォークとド・ムーロンの2人は2001年に建築界で最も栄誉あるプリツカー賞を受賞した。

2009年にはピーター・ズントー(日本語)がスイス人で2度目のプリツカー賞を受賞。グラウビュンデン州のヴァルス(Vals)にある温泉施設(英語)はズントーの作品の中でもひときわ評価が高い。

さらにもう1人、フランス語圏出身のベルナール・チュミ(英/仏語)も世界的に有名なスイス人建築家だ。チュミはマンハッタンの居住用のブルータワー(Blue Tower)、アテネの新アクロポリス美術館(Acropolis Museum)を手がけた。

スイスで見られる外国人建築家の作品

スイスにある多くの建築物は優れた外国人建築家の設計だ。2005年に開館したベルンのパウル・クレー・センター(Zentrum Paul Klee)(英/独/仏語)はイタリア人建築家レンゾ・ピアノの手による。ピアノは1997年にバーゼル近郊に開館したバイエラー財団美術館(Beyeler Foundation Museum)(英/独/仏語)も手がけた。

1998年にオープンしたルツェルン市の複合コンサートホール(Kultur- und Kongresszentrum Luzern / KKL)(英/独語)はフランス人建築家ジャン・ヌーヴェルの手による。

swissinfo.ch

×