ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

日本からの輸入品に放射能検査

SUSHIのみならず、和食はスイスでも大人気。輸入規制でどのような影響が出るのか

SUSHIのみならず、和食はスイスでも大人気。輸入規制でどのような影響が出るのか

(Keystone)

スイスはこのたび、放射能を含んだ日本製の食品や飼料の輸入を防ぐための措置を取ることにした。国境に重点を置いた検査がすでに指示されている。

さらにこの先は、輸入品が放射能に汚染されていないという証明書を日本側に要求する意向だ。

EUに同調

 放射能の漏出により汚染が考えられる地域で産出された食品および飼料は、将来的に現地で放射能検査を行い、異常がないことを確認する官庁の証明書がついている場合のみスイスに輸入することになりそうだ。

 これについては3月27日付の日曜紙「ゾンターク ( Sonntag ) 」が報道し、翌28日に連邦内務省保健局 ( BAG/OFSP ) の広報官ザビーナ・ヘルファー氏が確認した。

「保健局は現在、この措置に必要な新政令の可決に向けて動いているところだ」

 この新しい規則はここ数日中に施行される予定。欧州連合 ( EU ) はすでに27日から日本に対して現地検査の義務化を要求しており、スイスもこれに倣う形となった。検査では12地域の食品が対象となっている。

 ほかの国でも当該地域からの輸入の監視を強化したり、輸入を禁止したりしている。スイスでは当面、輸入禁止はないとヘルファー氏は言う。

「現状では、健康に有害な日本産の食品がスイスに入ってくることはない」

無作為抽出検査はすでに開始

 また、ヘルファー氏は

「国境および空港での無作為抽出検査など、EUと協調したほかの有効な対策もすでに実施している」

 と明らかにした。

 しかし、この措置後に日本から直輸入された食品は無いため、検査結果はまだ出ていない。保健局の検査の対象となっているのは合計30品目の食品と10品目の飼料だ。

スイスでの日本支援活動の予定

3月30日 ( 水 )

スイス日本協会がチューリヒ市プレディガー教会 ( Predigerkirche ) で19時半からチャリティコンサートを開催。寄付金は日本赤十字社に寄付。

3月31日 ( 木 )

エレクトロポップデュオのTim & Puma Mimiがヴィンタートゥール ( Winterthur ) 市Kraftfeldで20時からチャリティコンサートを開催。収益はスイス赤十字社に寄付。

4月1日 ( 金 )

ジュネーブ市La Maison des Associationsで18時半から音楽院学生の協力によるチャリティコンサートを開催。収益金は日本赤十字社へ寄付。

4月2日 ( 土 )

ルツェルン州クリエンス ( Kriens ) クラウス教会 ( Bruder Klaus Kirche ) で19時より尺八のチャリティーコンサートを開催。寄付金は日本赤十字社に寄付。

チューリヒ州ヴィンタートゥール ( Winterthur ) 市で開催される「春まつり」の一環で募金活動。

チューリッヒ日本人学校・日本語補習校が10時から17時までチューリヒ市Rennwegで街頭募金を実施。

チューリヒ州バッサーズドルフ ( Bassersdorf ) Dorfplatzの蚤の市でバサーなどを実施。収益金・寄付金は日本赤十字社に寄付。

4月3日 ( 日 )

チューリヒ市芸術大学で17時から支援チャリティコンサートを開催。入場無料、寄付金はスイス赤十字社へ寄付。

バーゼル日本語学校とバーゼル日本人会が、14時から17時までバーゼルSBBトラム乗り場で募金活動を実施。

4月10日 ( 日 )

チューリヒ州ヴィンタートゥール市で開催される「春まつり」の一環で募金活動。

エレクトロポップデュオのTim & Puma Mimiがチューリヒ市Rote Fabrikで20時からチャリティコンサートを開催。収益はスイス赤十字社に寄付。

ヌーシャテル市のコーラスグループ「瑞の会」がTemple du Basで17時からチャリティコンサート「ふるさと」を開催。

4月12日 ( 火 )

チューリヒ市トーンハレ ( Tonhalle ) で19時半からチャリティコンサートを開催。収益金は「幸福の鎖」に寄付。

4月19日 ( 火 )

バーゼル市Stadt Casinoで19時半より室内楽チャリティコンサートを開催。

end of infobox

swissinfo.ch、外電


リンク

×