Jump to content
Your browser is out of date. It has known security flaws and may not display all features of this websites. Learn how to update your browser[閉じる]
 (Keystone)
(Keystone)

スイスには古くて豊かな演劇の伝統が息づいている。バーゼル、ベルン、チューリヒなどの都市には町の外までその名を広く知られた劇場がある。もちろん、ジュネーブも例外ではない。

大きな劇場はオーケストラやバレエ・アンサンブルの有無にかかわらず、市の芸術予算の大半を受け取っている。しかし、スイスには小さな劇場も数多くあり、そのときどきで古典的なレパートリーやコメディ、あるいは前衛作品などを専門に上演している。

演目やプロダクションは地域や言語に根付いたものが多いが、フリードリヒ・デュレンマットはこうした枠にとらわれることなく戯曲作家として世界にその名を知られている。

ドイツ語圏のシアター

ドイツのナチス時代という暗黒の時代において、チューリヒ劇場(Schauspielhaus Zürich)(独語)はドイツから亡命してきた多くの作家、監督、俳優にとって重要な劇場文化の中心地だった。

戦後のスイスの2大脚本家はマックス・フリッシュとフリードリヒ・デュレンマットだ。2人ともデビュー作はチューリヒ劇場で上演された。現代脚本家では、マヤ・ボイトラー、トーマス・ヒュルリマン、マティアス・チョッケなどの作品も上演されている。

フランス語圏とイタリア語圏のシアター

スイスのフランス語圏では、テアトル・ヴィディ・ローザンヌ(Théâtre Vidy-Lausanne)(仏語)がフランスの商業劇場のネットワークに加わっている。そのため、パリ市立劇場(Théâtre de la Ville)のような名の知れた市立劇場と共同で作品を制作したりもする。

ジュネーブでは、大規模な劇場コメディ・ドゥ・ジュネーブ(Comédie de Genève)(仏語)のほか、テアトル・ル・ポシェ(Théâtre Le Poche)やフォーラム・メイラン(Forum Meyrin)などの小劇場が現代脚本家の作品を専門に上演している。

イタリア語圏とロマンシュ語圏の都市や町には有名な市立劇場や町営劇場はないが、独立した劇団がある。

オープンエア・シアター

厳しい天候が多いにもかかわらず、スイスではオープンエアの催し物も多い。インターラーケン(Interlaken)には「ウィリアム・テル(独語)用のオープンエアステージがある。また、ヴェヴェイ(Vevey)やレマン湖周辺の地域に暮らすワイン醸造業者の牧歌的な生活を祝う「ワイン収穫祭(La Fête des Vignerons)」(仏語)もある。

ウィリアム・テルの舞台は、テルゆかりの地であるウーリ州のアルトドルフ(Altdorf)でも4年に1度開かれる。次の公演は2012年で、ウィリアム・テル劇団の500周年にあたる。

中央スイスにあるアインジーデルン(Einsiedeln)では10年ごとにカルデロンの「世界大劇場」(独語)が上演される。2000年には、トーマス・ヒュルリマンによって現代風にアレンジされた。

ロマンシュ語圏では、アマチュア劇団クンパニア・ダ・テアター・ラークスがラークス(Laax)の村ほぼ全体を巻き込む形で10年ごとにオープンエア劇場を開催。2009年には、世界的に有名な俳優でラークス出身のブルーノ・カトーマスが監督し、シェイクスピアの傑作「真夏の夜の夢」(作家レオ・トゥオルがロマンシュ語に翻訳)を上演。

またロマンシュ語圏では、ジョヴァニーニ・ネッツァーの監督の下、リオム(Riom)にあるリオム城(Burg Riom)でオリゲン・フェスティバル(英/独/伊/ロマンシュ語)が開催される。これは宗教的な内容が特徴だ。2010年、ネッツァーの率いる劇団はスイス東部のサンモリッツ(St. Moritz)付近にあるユリア峠(Julier Pass, 2284メートル)にオープンエア・シアターを設けて公演した。

オペラとダンス

オペラとダンスもスイスの主要都市には多く、チューリヒ、ジュネーブ、ローザンヌにはオペラ劇場がある。

プロのバレエ団は先述の都市のほかバーゼルにもあり、中でもハインツ・シュペルリ率いるチューリヒバレエ団(英/独語)やベジャール・バレエ・ローザンヌ(BBL)(英/仏語)が有名だ。

また、モダンダンスのグループもいくつかある。ローザンヌでは毎年多くの若手ダンサーが競うローザンヌ国際バレエコンクール(英/仏語)が開催される。詳しくはスイスインフォ日本語版の特集記事「ローザンヌ国際バレエコンクール」へ。

swissinfo.ch

著作権

すべての権利を留保します。swissinfo.chウェブサービスのコンテンツは著作権で保護されており、私的使用目的でのみご利用いただけます。それ以外のウェブサービスのコンテンツ利用、特に拡散、変更、転用、保存、複写する場合は、swissinfo.chの書面による同意を必要とします。私的使用以外でご利用される場合は、contact@swissinfo.ch へご連絡ください。

私的使用以外の利用において唯一認められるのは、特定のコンテンツへのハイパーリンクを自分のウェブサイトや第三者のウェブサイトに設定することです。また、広告のない環境にswissinfo.chウェブサービスのコンテンツを原文のまま掲載することもできます。swissinfo.chウェブサービスでダウンロード用に提供しているすべてのソフトウェア、ディレクトリー、データ、およびそのコンテンツに対しては、私用の機器へのダウンロードや保存に限定した、譲渡不可能で非独占的な単純ライセンスを譲渡します。他のすべての権利はswissinfo.chに属します。特に、販売や商業的利用は固く禁止します。

×