Jump to content
Your browser is out of date. It has known security flaws and may not display all features of this websites. Learn how to update your browser[閉じる]

産業スパイ


スイス連邦国防省、ハッカーの標的に




ギー・パルムラン国防相は、ダボスで今年1月に開催された世界経済フォーラム(ダボス会議)の間にサイバー攻撃を受けたと述べた (Keystone)

ギー・パルムラン国防相は、ダボスで今年1月に開催された世界経済フォーラム(ダボス会議)の間にサイバー攻撃を受けたと述べた

(Keystone)

スイス連邦国防省および国営兵器製造会社「ルアク(RUAG)」が1年以上前からサイバー攻撃を受けていた可能性があることに関して同省は4日、サイバー攻撃の存在はすでに今年1月に知っていたと認めた。

 ギー・パルムラン国防相はこの日、「この攻撃は産業スパイが目的だ」と日刊紙ターゲス・アンツァイガーに語った。

 このサイバー攻撃にはロシアが関わっている可能性があり、ダボスで今年開催された世界経済フォーラム(ダボス会議)もハッカーの標的になったという。

 パルムラン氏は「サイバー攻撃は受けたが業務に差し支えはなかった」と述べている。

 連邦国防省は4日の声明で、同省および連邦当局間のネットワークはダメージを受けなかったとしている。

 連邦情報機関は今年1月、国有企業のルアク社がマルウェア(悪意のあるプログラム)に感染した可能性があると連邦検察庁に報告し、連邦検察庁が捜査に乗り出していた。

 報告を受けたパルムラン氏は、すぐさま連邦政府と関連省庁に連絡。連邦政府はITセキュリティーを強化するために3月23日、計14の短期・中期向のセキュリティー対策を承認した。しかし、詳細については公表されていない。

 ルアクとスイス軍は密接に連携しており、様々なコンピューターシステムを共有している。連邦国防省に設立された作業部会は、サイバー攻撃が他の連邦省庁に及んでいないか確認作業を進めている。


(英語からの翻訳&編集・鹿島田芙美), swissinfo.ch

著作権

すべての権利を留保します。swissinfo.chウェブサービスのコンテンツは著作権で保護されており、私的使用目的でのみご利用いただけます。それ以外のウェブサービスのコンテンツ利用、特に拡散、変更、転用、保存、複写する場合は、swissinfo.chの書面による同意を必要とします。私的使用以外でご利用される場合は、contact@swissinfo.ch へご連絡ください。

私的使用以外の利用において唯一認められるのは、特定のコンテンツへのハイパーリンクを自分のウェブサイトや第三者のウェブサイトに設定することです。また、広告のない環境にswissinfo.chウェブサービスのコンテンツを原文のまま掲載することもできます。swissinfo.chウェブサービスでダウンロード用に提供しているすべてのソフトウェア、ディレクトリー、データ、およびそのコンテンツに対しては、私用の機器へのダウンロードや保存に限定した、譲渡不可能で非独占的な単純ライセンスを譲渡します。他のすべての権利はswissinfo.chに属します。特に、販売や商業的利用は固く禁止します。

×