ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

速報 爆弾の脅迫、ベルン駅前が一時封鎖

避難するひとたち

爆弾騒ぎを受けて避難する人たち

(Keystone)

首都ベルンの鉄道駅前で2日午後、爆弾を仕掛けたとの脅迫があり、駅周辺が一時封鎖された。ベルン州警察によると、この事件で一人が逮捕された。

 現場はベルン中央駅出口南側にある教会前。ベルン州警察が警察犬と教会の建物内を捜索、不審物を見つけた。不審物は「適切に処理された」という。

 警察は、逮捕した人物と不審物に何らかの関連があるとみて調べる。

 教会前は同日午後、立ち入り禁止のテープが張られ、警察車両などで一時厳戒態勢に。通りがかった市民は不安そうな表情で警察官の誘導に従っていた。

 トラム(路面電車)・バスは現場周辺の一部区間で運行を見合わせた。スイス連邦鉄道(SBB)のダイヤも乱れ、同日夕の駅構内は大勢の通勤客で混雑した。

swissinfo.ch and agencies

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting