ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

ヨーデル
(Keystone)

スイス音楽といえば、必ずヨーデルを思い浮かべるだろう。しかし、スイスの音楽は伝統音楽からジャズ、ラップまであらゆるジャンルに及ぶ。

ヨーデルとスイスは切っても切れない関係だが、ヨーデルのボーカル技術は必ずしもスイス独自のものではない。そもそもヨーデルは、アルプスの放牧地で、遠く離れた場所にいる羊飼い同士がお互いを呼び合うコミュニケーション手段として発達したといわれている。

アルプス各地の民俗音楽を奏でるのは「スイスオルガン(Schwyzerörgeli)」と呼ばれるアコーディオン、クラリネット、コントラバス、アルプホルンだ。アルプホルンはソロやグループでも演奏される。

スイスのアマチュア音楽界も活発で、非常に多くのミュージシャンが活動している。スイス人はコーラス音楽を愛し、村には少なくとも一つのコーラスグループやブラスバンドがあるようだ。スイス音楽の魅力をもっと知りたい方は、下のリンクへ。

クラシック音楽

スイスはクラシック音楽界(英語)をリードする存在ではないが、20世紀を代表する作曲家アルチュール・オネゲル、フランク・マルティン、オトマール・シェックらを輩出した。

指揮者エルネスト・アンセルメが創設したスイスロマンド管弦楽団他のサイトへ(英/仏語)はスイスに現代音楽の文化をもたらした。現在はチューリヒ、ジュネーブ、ローザンヌ、ビール(ビエンヌ)、ベルン、バーゼル、ルツェルン、ルガーノ、ヴィンタートゥール、ザンクト・ガレンにメジャーなオーケストラがある。シャルル・デュトワやマティアス・バーメルトも世界的に有名なスイス人指揮者だ。

1930年代以降はジャズの人気が高まり、モントルー、ヴィリサウ、ルガーノなどでジャズ・フェスティバルが開催される。また、ベルンにジャズスクール他のサイトへ(英語)がある。

イベント

夏には、ポップスや民俗音楽、クラシックなど、さまざまなオープンエアコンサートが開催される。

スイスは国際的なクラシック音楽祭を数多く主催している。ルツェルン市の複合コンサートホール(Kultur- und Kongresszentrum Luzern / KKL)他のサイトへ(英/独語)のイースターコンサートやサマーコンサート、ベルナーオーバーラント地方にあるグシュタード(Gstaad)のメヌヒン(Menuhin)フェスティバル他のサイトへ、サン・モリッツ(St. Moritz)のスノー&シンフォニー音楽祭などがある。

モントルー・ジャズ・フェスティバル他のサイトへ(英/独/仏語)は毎年開催され、世界中から多くのジャズファンが集まる。また、年間を通して、アメリカのカントリーミュージック、ウェスタンミュージック、ジャズ、ポップスのイベントも多い。

7月にレマン湖の湖畔で開かれるパレオ・フェスティバル他のサイトへにも大勢の音楽ファンが訪れる。

夏に開かれるポップス、ロック、ジャズの大きなオープンエアコンサートには、国際的な大物バンドからチューリ・ヴェスト(Zürich West)のようなスイスの有名バンドまで幅広い分野のミュージシャンが登場する。

ドイツ語圏では、チューリヒ・オープンエア他のサイトへ、ベルンのグルテン・フェスティバル他のサイトへが有名。

DJ BOBO、Gotthard、Yello、Krokus、The Young Godsなどが国外でも広く知られている。

音楽と言語

ポップスとロックでは、国際市場を意識して英語の歌詞が多いが、スイスの公用語で歌うミュージシャンもいる。

さらに、ドイツ語圏では出身地の方言で歌う人気歌手も多い(このジャンルは「ムントアート(方言)・ロック」と呼ばれる)。

1960年代には自作の曲をギター片手に方言で歌う「トルバドゥール(フォークシンガーの意)」の人気が高まった。皮肉やウィットに富んだ曲をベルンの方言で歌う歌手マニ・マター他のサイトへ(独語)が有名。マターの歌は歌い継がれ、いまだに人気がある。

swissinfo.ch

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

×