(Keystone)
(Keystone)

スイス音楽といえば、必ずヨーデルを思い浮かべるだろう。しかし、スイスの音楽は伝統音楽からジャズ、ラップまであらゆるジャンルに及ぶ。

ヨーデルとスイスは切っても切れない関係だが、ヨーデルのボーカル技術は必ずしもスイスのものというわけではない。そもそもヨーデルは、山の上の放牧地で遠く離れて働く羊飼い同士のコミュニケーション手段として発達したといわれている。

アルプス各地の典型的な民俗音楽は、「スイスオルガン(Schwyzerörgeli)」と呼ばれるアコーディオン、クラリネット、コントラバス、そしてアルプホルンで演奏される。アルプホルンはソロや重奏でも演奏される

スイスのアマチュア音楽界も活発で、非常に多くのミュージシャンが活動している。スイス人はコーラス音楽を愛し、各村にはコーラスグループやブラスバンドが少なくとも一つずつはあるようだ。スイス音楽の魅力をもっと知りたい方は、下のリンクへ。

クラシック音楽

スイスはクラシック音楽界(英語)をリードする存在ではないが、20世紀を代表するアルチュール・オネゲル、フランク・マルティン、オトマール・シェックのような世界的に有名な作曲家を輩出してきた。

20世紀の指揮者エルネスト・アンセルメが創設したスイスロマンド管弦楽団(英/仏語)はスイスに現代音楽文化をもたらした。現在はチューリヒ、ジュネーブ、ローザンヌ、ビール/ビエンヌ(Biel/Bienne)、ベルン、バーゼル、ルツェルン、ルガーノ(Lugano)、ウィンタートゥール(Winterthur)、ザンクト・ガレン(St Gallen)にメジャーなオーケストラがある。シャルル・デュトワやマティアス・バーメルトも世界的に有名なスイス人指揮者だ。

1930年代以降はジャズ(英語)の人気が高まり、モントルー(Montreux)、ヴィリサウ(Willisau)、ルガーノなどでジャズ・フェスティバルが開催される。また、ベルンには折り紙つきのジャズスクール(独語)もある。

イベント

夏には、ポップスや民俗音楽、クラシック音楽など、さまざまなオープンエアコンサートが開催される。

スイスは国際的なクラシック音楽祭を数多く主催している。ルツェルン市の複合コンサートホール(Kultur- und Kongresszentrum Luzern / KKL)(英/独語)のイースターコンサートやサマーコンサート、ベルナーオーバーラント地方にあるグシュタード(Gstaad)のメヌヒン(Menuhin)フェスティバル、サン・モリッツ(St. Moritz)のスノー&シンフォニー音楽祭などがある。

モントルー・ジャズ・フェスティバル(英/独/仏語)は毎年開催され、世界中から多くのジャズファンが集まる。また、年間を通して、アメリカのカントリーミュージック、ウェスタンミュージック、ジャズ、ポップスのイベントも数多い。

夏に開かれるポップス、ロック、ジャズの大きなオープンエアコンサートには、国際的な大物バンドからチューリ・ヴェスト(Züric West)のようなスイスの有名バンドまでさまざまなミュージシャンが登場する。

音楽と言語

ポップスとロックでは、国際市場を意識した英語の歌が多いが、スイスの公用語で歌うミュージシャンもいる。

さらに、出身地の方言で歌うドイツ語圏の人気歌手も数多い(このジャンルは「ムントアート(方言)・ロック」と呼ばれる)。

実際、1960年代には自ら作曲した曲をギターを片手に方言で歌った「トルバドゥール(フォークシンガーの意)」の人気が高まった。最も有名な歌手にはベルンの方言でウィットに富んだ風刺的な歌を作詞作曲したマニ・マター(独語)がいる。マターの歌は歌い継がれ、いまだに人気がある。

swissinfo.ch