Jump to content
Your browser is out of date. It has known security flaws and may not display all features of this websites. Learn how to update your browser[閉じる]

メールの暗号化


科学者が開発 情報漏えい防ぐメールサービス




政府やハッカーによる電子メールの覗き見を防ぐ、簡単で分かりやすいメールサービスを開発したという男性に話を聞いた。

 きっかけは2013年、エドワード・スノーデン氏が「米政府が膨大な量の通信傍受を行っていた」と暴露した頃にさかのぼる。

 その後、ジュネーブの欧州合同原子核研究機構(CERN)で働く素粒子物理学者のアンディ・イェンさんは、数人の同僚と共に、電子メールの受信・送信を安全にする方法について考え始めた。

 その彼らが開発した「プロトンメール(ProtonMail)」は、スイス国内に全てのサーバーを置くメールサービスだ。開発のねらいについて、イェンさんに話を聞いた。

 「エンドツーエンド(end-to-end)」によるメールの暗号化が、プライバシーを守る鍵となる。

 現在広く使われているサーバーを利用した暗号化と比べ、エンドツーエンド暗号化では、送信者と受信者だけがメール内容を閲覧出来る。データを解読する鍵がサーバー上に存在せず、利用者のパソコン上にあるためだ。

 既に良く知られた暗号化技術のエンドツーエンド方式を、エンドユーザー向けに簡潔化したのが「プロトンメール」だ。しかし、あらゆるパソコンのブラウザ上から直接、自身のアカウントにログインできてしまうため、プロバイダにセキュリティーリスクが生じやすく、ユーザーの情報が漏れる可能性も指摘されている。

 「開発を進めるにつれ、スタートした当初には思いつかなかった、たくさんのメリットがスイスにあると気付いた」とイェンさん。その中立性ゆえ、世界中の人々にとってスイスは安全にデータを置いておける場所だと話す。また、スイスのプライバシー保護法は非常にしっかりしているともいう。

 「プロトンメール」と似た開発を行っているのが、ジュネーブのSilent Circle社だ。同社の「ブラックフォン2」は、電話やメッセージ内容を暗号化するサービスを提供している。 


皆さんはオンライン上でどのようなプライバシー対策を取っていますか?意見をお聞かせください。


メールアドレスをご登録いただいた方に、トップ記事を配信しています。是非ご登録ください。


(英語からの翻訳&編集・大野瑠衣子)

著作権

すべての権利を留保します。swissinfo.chウェブサービスのコンテンツは著作権で保護されており、私的使用目的でのみご利用いただけます。それ以外のウェブサービスのコンテンツ利用、特に拡散、変更、転用、保存、複写する場合は、swissinfo.chの書面による同意を必要とします。私的使用以外でご利用される場合は、contact@swissinfo.ch へご連絡ください。

私的使用以外の利用において唯一認められるのは、特定のコンテンツへのハイパーリンクを自分のウェブサイトや第三者のウェブサイトに設定することです。また、広告のない環境にswissinfo.chウェブサービスのコンテンツを原文のまま掲載することもできます。swissinfo.chウェブサービスでダウンロード用に提供しているすべてのソフトウェア、ディレクトリー、データ、およびそのコンテンツに対しては、私用の機器へのダウンロードや保存に限定した、譲渡不可能で非独占的な単純ライセンスを譲渡します。他のすべての権利はswissinfo.chに属します。特に、販売や商業的利用は固く禁止します。

×