ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

よみがえる15年前の悪夢:ノバルティス工場爆発

13日夜のノバルティス工場爆発炎上は、バーゼルラント州シュヴァイツァーホールの住民に、15年前に起きたサンドス工場火災で有毒ガスが発吹Aバーゼル地方の大気とライン川が汚染された惨事を思い出させ震撼させた。幸い、今回は汚染はないという。

ノバルティス工場の爆発により窓ガラスが吹き飛ばされ半径50mあたりまで飛び散り、建物は破損がひどいが、負傷者は出なかった。同日夜行われた記者会見で、ノバルティスのスポークスマン、ペーター・マルベット氏は、まず住民に謝罪し、爆発は事故直後考えられたより小さかったと述べた。また、ハンスヨルグ・ウェッター化学錘Y部長は、爆発の原因はまだ判明していないことを認め「何が起こったのかわからない。が、爆発の原因が究明されるまでは、錘Y再開はできない。」と述べた。工場では、10年前からてんかんの治療薬を製造しており、事故が起きたのは初めてだ。

巨大薬品多国籍企業の多くが本社が置くスイス・バーゼルでは、15年前に大事故が発垂オたことがある。1986年11月1日バーゼル州アーレスハイムのサンドス化学工場が爆発し1、351トンの化学物質が炎上し発ガン性物質を含む有毒ガスが発吹Aバーゼル地方の大気とライン川が汚染されるというスイス史上最悪の環境破壊になった。この事件に関し、元CIA幹部が昨年11月に放映されたドイツのテレビの歴史番組で、旧東独の情報機関STASIによるテロだったという爆弾発言をした。元CIA幹部のヴィンセント・キャニストラロ氏によると、旧ソ連KGBがチェルノブイリ原発事故からヒントを得てスイスの化学薬品工場テロを計画、KGBの命令でSTASIが実行した。この爆発の原因は、まだ立証されていないが、バーゼル州の司法当局は、原因究明調査を再開するかどうか決定するため、この元CIA幹部の証言を調査中だという。現ノバルティスはサンドスとチバガイギーが合併した会社。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

×