ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

わたしの山旅

世界第1次大戦が終結して間もない大正10年 ( 1921年 ) 9月9日、アイガー東山稜を初登攀した登山家、槇有恒 ( まきゆうこう 1894〜1989年 ) の著作「わたしの山旅」からの抜粋の朗読を2日おきに32回にわたって連載します。

今から85年前、槇有恒はグリンデルヴァルトにじっくりと滞在し、地元の人々と深く交流し、スイスで作られていた登山靴、リュックサック、ピッケルなどを参考にして登山用具の開発も進めました。今もグリンデルヴァルトに深く愛され続ける「世界のマキ」の目を通して見るスイスとその山をご堪能下さい。朗読はmp3にダウンロードも可能です。

Copyright

swissinfo / Swiss Radio International
朗読、画像などを無断でコピーしたり使用するなど著作権を侵害する行為を禁止します。

この企画にご協力いただきました槙恒治様、サムエル・ブラヴァンド様のご遺族の方々に心からお礼を申し上げます。

写真

『わたしの山旅』 槇 有恒 著 岩波新書671 1968年 ( IV 章アルプス/スイスに渡る、イタリア旅行-ヴェスヴィオとエトナ、V章アイガー東山稜登攀/山小屋/アイガー東山稜登攀、VIII 章 秩父宮殿下の思い出/殿下のアルプスご登山、一行の顔ぶれ )

『Eiger - Die vertikale Arena』Daniel Anker 著、Zürich: AS-Verlag、 1998年 ( IV章 アルプス/ブラヴァンド君、V章 アイガー東山稜登攀/山で受ける気象の変化、雪崩、VIII章 秩父宮殿下の思い出/ベルナーオーバーランドの山群 )

マルグリット・ブラヴァンド氏所蔵 ( VIII章 秩父宮殿下の思い出/ヴェッターホルン登攀、X章 夕日はまだ頂に照る/スイスからの招待 )

『Hochgebirgsführer durch die Berner Alpen』Bern、Francke Verlag、1964年 ( ○ページ )

キーストン (IV章 アルプス/グリンデルヴァルト、山靴とリュックサックのこと、X章夕日はまだ頂に照る/故郷の山に帰る)

Condor-Film Zürich 映画『Grat am Himmel』 ( IV章 アルプス/氷河の話、V章 アイガー東山稜登攀/ベルナーオーバーランドの登山 )

ダニエル・アンカー氏所蔵 ( IV章 アルプス/ザイルとピッケル、VIII章 秩父宮殿下の思い出/山と殿下 )

マルコ・ボミオ氏所蔵 (X章 夕日はまだ頂に照る/アルパインクラブ百年祭)

発案・構想
Yumi von Reding-Sato

企画
Dominik Stankowski

デザイン
Denise Hegnauer

写真編集
Christoph Balsiger

朗読
Yuka Tomura

アルプホルン作曲
André Scheurer

録音
Daniel Wihler

サイト技術
Dominik Stankowski
Leo Pescante
Giuseppe Ciliberto

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。