Navigation

アウグスト・リンツ元国連高等難民弁務官死去

アウグスト・リンツ元国連高等難民弁務官がベルンで死亡した。95才だった。

このコンテンツは 2000/04/18 21:37

アウグスト・リンツ元国連高等難民弁務官がベルンで死亡した。95才だった。

アウグスト・リンツ元国連高等難民弁務官は、1920年代、ジャーナリストとしてキャリアを始め、アジア、アフリカ、中東、英国で活躍、1931年にはスイス新聞のため満州事変を取材した。第2次大戦中はナチ政権とのいかなる妥協も許さないスイス軍士官グループの創立メンバーとなった。大戦後、赤十字国際委員会と共同でナチの犠牲者の救援活動にあたった。1945年ー46年ベルリンの赤十字国際委員会特使を務め、その後、新設された国際連合のスイス・オブザーバーとなった。

リンツ氏は、初期の国連高等難民弁務官事務所で高等難民弁務官となり、今日に続く組織の確立に尽力した。大戦後もまだ欧州じゅうの難民キャンプで生活していた難民達への援助活動は、1951年に設立された国連高等難民弁務官事務所の主要な仕事の一つだった。

1960年国連高等難民弁務官の任期終了後は外交官となり、1960年から62年の駐米大使をはじめ、旧ソ連、インド大使を務めた。が、難民援助への貢献は続いた。1968年から69年のビアフラ戦争ではナイジェリアの赤十字国際委員会のオペレーションを率いた。1970年に退職してからも活動を続け、1980年代にはスイスの難民収容施設法改正のためのロビー・グループを支援した。

リンツ氏は死の直前まで執筆活動を続けた。最後の著作は2年前に出版された モSardinesl gegen Wodkaモ、冷戦中の外交の分析だった。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。