ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

イタリアの地震を受けて M6の地震、スイスでも2040年までに起こり得る



スイスで地震の起こる可能性が最も高いところ(赤色)は、ヴァレー州とバーゼル州、ザンクト・ガレン州、さらにグラウビュンデン州だ

スイスで地震の起こる可能性が最も高いところ(赤色)は、ヴァレー州とバーゼル州、ザンクト・ガレン州、さらにグラウビュンデン州だ

(ethz)

イタリアで24日に起きた地震を受け、スイスの地震学者は「スイスでも今後、2040年までにマグニチュード(M)6程度の地震が起こり得る」と警鐘を鳴らした。

 「今後、スイスも油断はできない」と連邦工科大学チューリヒ校(ETHZ)・スイス地震サービスのシュテファン・ヴィーマー局長は、イタリアで地震が起きた日の翌日、スイス公共放送の番組でこう語った。

「イタリアと同様、スイスも二つのプレートの境界に位置している。そのため、地震が起こるリスクはイタリアと同じだ」

 ヴィーマー局長によれば、スイスでは過去70年の間、大型の地震はなかったという。「ETHZでは、年に500から700回の小型の地震を観測している。イタリアで起きたようなM6の地震は、50年、100年、または150年ごとにしか発生しないものだ。過去3、40年間、スイスは比較的穏やかな時期を過ごしている。しかし今後、これが続くことはない」



イタリア中部にある山あいの村々が全壊した

イタリア中部にある山あいの村々が全壊した

(Keystone)

ヴァレー州とバーゼル州、高いリスク

 一方、ヴァレー州の地質学者ラファエル・マヨナ氏は、地震が起こるリスクはヴァレー州とバーゼル州で高いと指摘する。

 氏によれば、1946年にヴァレー州・シエール付近でM6.1の地震が起き、4人の死者が出た。「当時、ローヌ渓谷一帯の人口は少なく、死者は4人で済んだ。だが現在の人口密度を考えると、被害はもっと大きいだろう」

 そしてマヨナ氏は「今から2040年までに、同じぐらい大きな地震が起きるだろう」と付け加える。

 こうしたマヨナ氏の警告をヴァレー州当局は深刻に受けとめている。2004年に、州は州民に対し耐震基準に添って建物を建設する義務付けを行い、さらに地震が起きた際の行動などについての教育を実施している。

安全対策は?

 ヴィーマー局長によれば、地震の被害は洪水のそれに匹敵するという。「しかし、スイス国民は洪水の被害は深刻に受け止めるが、地震の被害についてはあまり考えていない。それは、この国では地震が比較的少ないからだ。しかし、地震は必ず起こる」

 ただ、局長はスイスの安全対策に関してこう括っている。「スイスでは、地震に対する安全対策がほぼ完備していると思う。過去20年間に、多くの対策を実施してきたからだ。特に建物の耐震基準をさらに高く設定した。だが、まだ多くのやり残しがあるという事実は、否定できない」

大丈夫と思っていたスイスでも2040年までに、地震が起こり得ると地震学者が警鐘を鳴らしています。皆様の御意見をお寄せください。



(仏語からの翻訳&編集・里信邦子)

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

×