買い物ツーリズムに罰金1万円 スイス

国境通過が大幅に制限されている中、物価の安い隣国に買い物に行く人は多いという Keystone / Martial Trezzini

連邦政府は16日、買い物だけを理由にスイスの国境を越える「ショッピングツーリズム」に罰金100フラン(約1万1千円)を科すと発表した。新型コロナウイルスで国境制限が続く中、物価が安い隣国に買い物に出かける人たちが後を絶たないためだ。

swissinfo.ch/gw

スイスでは3月中旬から、入国をスイス国籍者、滞在許可証保持者、仕事が理由の人などに制限し、不要な渡航を自粛するよう求めた。ただ税関事務局によると、制限後も買い物を理由に国境を行き来する人が後を絶たない。

今回の措置では、買い物だけを理由に国境を超え、再入国すると100フラン(約1万1千円)の罰金が科せられる。政府は声明で「買い物自体が禁止ではなく、ショッピングツーリズムが通関業務に負担をかけている」とした。

国境通過の条件などが定められたCovid-19条例に該当せず、入国資格を持たない旅行者は、入国も拒否されるが罰金も科されない。

入国が認められるのは誰か

また政府は、特に外国人に対しどのような目的であれば越境が認められるかを改めて明確化した。

声明によると、病気や高齢の家族の世話(医師の診断書や戸籍証明が必要)、別居の親が民法上の権利を行使し子供を訪問する場合のほか、法律上、緊急の仕事、医療行為を理由としたものは入国が認められる。

スイス国籍、滞在許可証保持者、仕事が理由の人は引き続きスイスへの入国が認められる。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する