Navigation

ゴンド村で生存者1名発見

14日ヴァリス州各地でローヌ川氾濫による土砂崩れが発生、 イタリア国境に近いゴンド村では13人が行方不明になっていたが、16日女性生存者1人をレスキュー隊が発見した。(写真:3分の1が流されたゴンド村)

このコンテンツは 2000/10/16 08:28

14日ヴァリス州各地でローヌ川氾濫による土砂崩れが発生、 イタリア国境に近いゴンド村では13人が行方不明になっていたが、16日女性生存者1人をレスキュー隊が発見した。(写真:3分の1が流されたゴンド村)

ヴァリス州警察によると、救難犬を連れたレスキュー隊は、ゴンド村で2人目の遺体を発見直後、2mの瓦礫の下に埋まっている女性生存者を発見した。この女性の発見で、行方不明になっている他の村民の生存への希望が沸いて来た。ヴァリス州では、まだ15人が行方不明だ。

ヴァリス州全体に非常事態宣言が出され、ツェルマット等いくつかの町が孤立している。政府観光局によると、ツェルマットへの交通が復旧するまで、2、3日はかかるとswissinfoに語った。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。