ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

シドニー五輪閉幕

サマランチIOC会長が「過去最高のオリンピックだった」と閉会宣言で述べ、シドニー五輪が閉幕した。スイスは過去最多のメダルを獲得した。

サマランチIOC会長が「過去最高のオリンピックだった」と閉会宣言で述べ、シドニー五輪が閉幕した。スイスは過去最多のメダルを獲得した。

スイスは金1、銀6、銅2の合計9個のメダルを獲得、1952年のヘルシンキ大大会以来、最高の成績を収めた。が、アトランタの金4個に比べ、メダルの質が落ちているとの議論もある。しかし、スイス役員団のハンスヨルグ・ヴィルツ団長は、今回の成績に大変満足していると語る。「メダル競争は金メダルの数によって示されるため、スイスはかなり下位にランキングされている。が、オリンピックでの金と銅の差は、大変小さなものだ。金以外の価値も、尊重されるべきだ。8位以内の入賞も大きく評価する必要がある。」

この視点から見れば、102人の選手の半分以上が上位12位以内に入ったスイス勢の活躍の違った面が見えて来る。金が取れなかった失望感は、スイス最初の金メダルがあまりにも劇的に獲得されたことによるだろう。

時差のため本国スイスの大部分がまだ眠りについている頃、開幕早々の女子トライアスロンで、ブリギッテ・マクマホンが金メダル、マガリ・メスマーが銅メダルを獲得した。開幕早々に金など取った経験が無かっただけに、国民が盛り上がり過ぎた。翌日は、フェンシング女子エペ個人でギアンナ・ハブリュツェル=ブルキが銀メダルを獲得した。フェンシング女子エペでは団体(ハブリュツェル=ブルキ、ラモン、ロマグノリ)でも銀を獲得した。射撃男子ラピッドファイアピストルでは、ミッシェル・アンセルメが銀メダルを獲得した。

が、1週目が終わる頃には、スイス勢の快進撃は止まってしまった。800m女子自由形のフラヴィア・リガモンティは4位に終わり、男子シングルスカルのアトランタ金メダリスト、クセノ・ミュラーは、決勝であわや3位かという所を辛くも2位に滑り込み銀メダル、2度めの金は果たせなかった。

女子マウンテンバイクで、バーバラ・ブラッターがスイス5つめの銀を取ったが、レースの半分以上をリードした後の逆転負けだったため、金を逃した国民の失望は大きかった。

国民の失望度ナンバー1は、陸上男子800mのアンドレ・ブッヒャーだ。スイス初の陸上金メダルを期待されたブッヒャーは、400mまではトップでレースを引っ張ったが、隣の選手のひじ撃ちを食らいコ−ス外に突き出されてからリズムを崩し、5位に終わった。

馬術障害飛越団体では、マルクス・フッス、ベアト・ミュンドリ、レスリー・マックノート、ウィリ・メリガーが、1924年の同種目オリンピック採用以来初の銀メダルに輝いた。

スイス五輪委員会は、シドニー五輪の反省会を開き、特に後半17日間の成績不振を繰り返さないよう、今後の強化策に役立てるという。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

×