Navigation

ジュネーブ司法当局、ダボス会議ハッカー事件捜査開始

覆面会見をしたバーチャルモンキーレンチのメンバー Keystone

ジュネーブ司法当局は、ダボス会議の主催者である世界経済フォーラムのコンピューターにハッカーが侵入、出席者1400人の個人情報が盗まれた事件の捜査を開始した。

このコンテンツは 2001/02/20 10:33

ハッカーは世界経済フォーラムのデータベースに侵入、ビル・ゲーツ氏、アラファト・パレスチナ自治政府議長など出席者1、400人のクレジットカードの詳細等個人情報をダウンロードしCD-ROMに記録、日曜紙「ゾンターグツァイトゥン」に匿名で送りつけた。ジュネーブ地裁はゾンターグツァイトゥンに、このCD-ROMの提出を求めた。事件を担当するマーク・タポレト判事は、ゾンターグツァイトゥンの情報源の秘密保持を尊重するので、CD-ROMがどこから来たかを言明するよう要請はしないと言う。

CD-ROMを送って来たのは、先日覆面会見に応bス「バーチャルモンキーレンチ」と名乗るハッカーのグループと思われるが、ゾンターグツァイトゥンはCD-ROMの提出を拒否している。

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。