ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

ジュネーブ司法当局、ダボス会議ハッカー事件捜査開始

覆面会見をしたバーチャルモンキーレンチのメンバー

(Keystone)

ジュネーブ司法当局は、ダボス会議の主催者である世界経済フォーラムのコンピューターにハッカーが侵入、出席者1400人の個人情報が盗まれた事件の捜査を開始した。

ハッカーは世界経済フォーラムのデータベースに侵入、ビル・ゲーツ氏、アラファト・パレスチナ自治政府議長など出席者1、400人のクレジットカードの詳細等個人情報をダウンロードしCD-ROMに記録、日曜紙「ゾンターグツァイトゥン」に匿名で送りつけた。ジュネーブ地裁はゾンターグツァイトゥンに、このCD-ROMの提出を求めた。事件を担当するマーク・タポレト判事は、ゾンターグツァイトゥンの情報源の秘密保持を尊重するので、CD-ROMがどこから来たかを言明するよう要請はしないと言う。

CD-ROMを送って来たのは、先日覆面会見に応bス「バーチャルモンキーレンチ」と名乗るハッカーのグループと思われるが、ゾンターグツァイトゥンはCD-ROMの提出を拒否している。


リンク

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

×