ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

ジールフェルト霊園 御霊の園で共に生きる

ジールフェルト霊園はチューリヒ市内にある最大の緑地帯だ。宗教や宗派を問わない初の霊園として1877年に建造された。

霊園の広さは20万平方メートル、年中無休で一般人にも開放されている。現在ジールフェルト霊園にある墓は1万600基。葬儀は年に245回行われ、今日では約9割が火葬される。

このジールフェルト霊園内には、スイスで初めて作られた火葬場が2カ所ある。1890年に他界した詩人ゴットフリード・ケラーは、この霊園で火葬された初期の著名人だ。火葬場は1992年に廃炉となり、今では葬儀場として使われている。

霊園は亡くなった人を供養する場所としてだけではなく、この世に生きる人々の生活の一部になりつつある。近郊の憩いの場であり、文化的・教育的行事や、映画の撮影や芝居の舞台としてよく利用される。

(写真&編集・Ester Unterfinger 翻訳・シュミット一恵)

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。