Navigation

スイス初の武装警官、国連コソボ・ミッションに参加

スイスから初めて10人の武装警官が国連コソボ・ミッションに参加、3日現地に向かった。

このコンテンツは 2000/10/04 09:40

スイスから初めて10人の武装警官が国連コソボ・ミッションに参加、3日現地に向かった。

国連コソボ・ミッションに参加する警官は武装が条件だったため、これまでスイスは警官の派遣をしなかった。スイス憲法により、スイスの兵士・警官は、海外での武器携帯がで許されていなかったが、今年初め、政府は海外での国際平和維持活動に参加する警官に武装許可を決定、初のコソボ・ミッションへの参加となった。10人(男性9人、女性1人)は、コソボで6ヵ月間文民警官の強化政策にあたる。

現在コソボでは、47ヶ国4000人の武装警官が国連平和維持活動に参加している。

このストーリーで紹介した記事

JTI基準に準拠

JTI基準に準拠

おすすめの記事: SWI swissinfo.ch ジャーナリズム・トラスト・イニシアチブの認証授受

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

パスワードを変更する

プロフィールを削除してもいいですか?