Navigation

スイス初の武装警官、国連コソボ・ミッションに参加

スイスから初めて10人の武装警官が国連コソボ・ミッションに参加、3日現地に向かった。

このコンテンツは 2000/10/04 09:40

スイスから初めて10人の武装警官が国連コソボ・ミッションに参加、3日現地に向かった。

国連コソボ・ミッションに参加する警官は武装が条件だったため、これまでスイスは警官の派遣をしなかった。スイス憲法により、スイスの兵士・警官は、海外での武器携帯がで許されていなかったが、今年初め、政府は海外での国際平和維持活動に参加する警官に武装許可を決定、初のコソボ・ミッションへの参加となった。10人(男性9人、女性1人)は、コソボで6ヵ月間文民警官の強化政策にあたる。

現在コソボでは、47ヶ国4000人の武装警官が国連平和維持活動に参加している。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。