Navigation

スイス女性の5人に1人が家庭内暴力の犠牲者

暴力行為と犯罪を経験するために、わざわざ戦闘の最前線へ出ていく必要はない。女性や子供に対する性的虐待や暴力は、スイスの日常生活で犯されている。

このコンテンツは 2000/04/01 15:05

暴力行為と犯罪を経験するために、わざわざ戦闘の最前線へ出ていく必要はない。女性や子供に対する性的虐待や暴力は、スイスの日常生活で犯されている。

このほど出版された全国リサーチ・プログラム「日常死活における暴力と組織犯罪」は、問題に対する対処法を紹介している。

スイス全国で行われた約40件の調査の結果、暴力の被害者救済組織間の協力が重要だとしている。プログラムのディレクターで犯罪学者のエヴァ・ワイズさんは、虐待を受けた女性は、救済を求めて最多8つの組織にアプローチすると言う。したがって、有効な措置を取るためには、各組織が相互に協力する必要があるという。ノースロンドン大学児童・女性虐待学のリズ・ケリー・ディレクターは、「英国の場合、多くの被害者女性は、有効な救済を受けるまで8から15の組織にアプローチしている。この間、何ヵ月も時には何年間も、被害者らはさらに虐待を受け続けることになる。組織が協力して対処すれば、継続する被害を予防できる。」と語る。

では、実際に協力して対処する組織とは、何を指すのか?ケリー教授は、警察、保健所、病院および心理的サービスだとする。また、被害者らは教会や自治体に助けを求めることもあるだろう。これら全てが協力していかなければならないと、言う。

スイスの女性5人に1人は、虐待された経験があるとワイズさんは言う。ベルン大学社会学部のコリナ・サイス教授は、問題に対処する第一歩は、日常生活での暴力・犯罪行為の特性を見極める事だと言う。また、ケリー教授は、先ず家庭内での暴力とは何かを認識し、女性や子供達は、自分達が非難されるのではないと知る必要があると言う。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

この記事にコメントする

SWIアカウントをお持ちの方は、当社のウェブサイトにコメントを投稿することができます。

ログインするか、ここで登録してください。