Navigation

スイス、ソーラー発電世界1でギネスに認定

モン=ソレイユ・ソーラー発電所の ソーラーパネル Keystone Archive

ギネス・ブック2001年度版で、スイスは1人当たりのソーラーエネルギー錘Y世界1と認定された。

このコンテンツは 2001/05/16 14:36

「エネルギーと環境」誌によると、スイスの1年間のソーラー発電は1人当たり1.82ワットで、ドイツとオランダを追いこした。スイスは太陽熱を利用して発電するソーラーパネルの保有量が世界最多だ。中でも最大なのはユラ山脈中のモン=ソレイユ・ソーラー発電所のもので、1992年操業開始以来1、300世帯の年間消費電力に当たる400万キロワットを発電した。

世界的に、ソーラーによる発電は増加傾向にある。同誌によると、1999年から2000年のソーラーパネルの売上げは42.5%増えた。

このストーリーで紹介した記事

この記事は、旧サイトから新サイトに自動的に転送されました。表示にエラーが生じた場合は、community-feedback@swissinfo.chに連絡してください。何卒ご理解とご協力のほどよろしくお願いします

JTI基準に準拠

JTI基準に準拠

おすすめの記事: SWI swissinfo.ch ジャーナリズム・トラスト・イニシアチブの認証授受

現在この記事にコメントを残すことはできませんが、swissinfo.ch記者との議論の場はこちらからアクセスしてください。

他のトピックを議論したい、あるいは記事の誤記に関しては、japanese@swissinfo.ch までご連絡ください。

共有する

パスワードを変更する

プロフィールを削除してもいいですか?